『日本沈没』小栗旬の妻が“ゴミクズ不倫女”と発覚して大炎上「最悪じゃん」

小栗旬 

小栗旬 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月24日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第3話が放送された。小栗が不倫されていることが発覚し、ネット上では怒りの声が飛び交っている。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

第3話では、いよいよ〝関東沈没〟の信憑性が高まり、政府はどのように動くべきか議論を交わす。しかし天海は周りとなかなか意見が合わず、少しずつ孤立していく。

そんな中、家に帰ると別居しているはずの妻・香織(比嘉愛未)、娘・茜(宝辺花帆美)が天海を待ち受けていた。天海は久々に会った茜を見て表情を緩める。茜も「パパ、一人で寂しいだろうからさ、遊びにきてあげたの」と懐いた様子で会話を始め、新しく覚えたというハーモニカを吹いた。

こうして天海が久しぶりに幸せな家族との時間を過ごしているとその直後、香織は「福岡に引っ越そうと思ってるの。野田さんっていう人が実家の事業を継ぐことになって」と口にする。なんと香織は、仕事で知り合った野田という男性に茜と共についていくという。天海は驚きながらも、静かなトーンで「いいと思う」などと後押しするのだった。

「嫁がただのゴミクズで草」

「天海は第2話で別居中の香織から離婚を切り出されていましたが、天海は家族の修復を望んでいたようで、『少し考えさせてくれ』と戸惑っていました。それが今回、すでに香織には新しい男がいると発覚。2人は正式に離婚しているわけではないので、完全に不倫ですね」(芸能記者)

香織のゲス不倫には視聴者から非難が殺到しており、

《離婚してないのに浮気はないわ。娘のこと考えてのことかもだけど、逆に全然気持ち考えてあげてないよね》
《えーー! 嘘でしょやばいじゃん、この嫁》
《天海の奥さん夫が大変な時に支えず不倫して親権まで奪るの…》
《もう新しい相手いるのかよ! 小栗旬、慰謝料取りなよw》
《たいそう偉そうな事言ってたけど、結局この妻は不倫してたのか》
《勝手に家出て、不倫男と宜しくやってたんだね… 最悪じゃん》
《自分が不倫しといて逆ギレ気味に「離婚して」みたいなのなんなんw 慰謝料払う立場じゃん》
《なんか前回もっともらしいこといって離婚話きりだしてたけど、嫁ただのゴミクズで草》

といった声があがっている。

重すぎるサイドストーリーとなったようだ。

【あわせて読みたい】