『ZIP!』石原さとみの“インタビュー態度”に恐怖「圧がある」「怖い」

石原さとみ 

石原さとみ (C)まいじつ 

そのルックスはもとより、明るい笑顔や誰にでも優しい人格で男女問わず人気を博す俳優・石原さとみ。彼女の番組中の態度が視聴者の批判を浴びるという、珍しい事態が起こってしまった。

石原は10月27日に『ZIP!』(日本テレビ系)に出演し、番組MCの水卜麻美アナウンサーと対談を行った。これは、公開を控えた石原主演映画の宣伝企画で、血の繋がっていない子を育てるシングルマザーという役柄にちなみ、結婚や人生観・役者としての変化について赤裸々に告白。いずれも真面目なテーマだったためか、石原にいつものにこやかさはなく、真剣な表情で対談は進んでいく。

昨年の結婚では価値観の変化が生じたと語り、水卜アナの「気持ちが変わりました?」との問いにも「刺激を求めていた当時とは全く違う」と発言。人生における「目標の立て方」の話題では、「ハタチの時、65歳まで決めてました」「今こうしてないとこの目標は叶わないとか」など、引き続き真剣な様子で持論を語っていった。

真面目に人生観を語るも…視聴者からは「態度が悪い」

こうして、終始にわたり自身の人生観や変化について明かしていった石原。しかし真面目なあまりか、視聴者はその雰囲気に圧を感じ、堅苦しさから態度が悪いようにも見えたようで、ネット上には

《喋り方に圧がある 前はこんな喋り方じゃ無かったのにどうしたんだろ》
《全然笑わないし怒ってるみたいでちょっと怖かった。発言1つひとつが攻撃的というか》
《石原さとみ あんなに強そうだったっけ? にこやかに喋ってるイメージが なんか変わってしまった?》
《石原さとみ喋り方と表情が なんか怖い…》
《なんか、妙に自信満々で、言い方が強くて、すべて言い切る感じが、キツくて…》
《石原さとみの態度、なんか悪くない? こんな人だったっけ?》

といった声が続出。好感度の塊である石原が叩かれるという、珍しい光景となった。

単なる視聴者の勘違いか、何か嫌なことでもあったのだろうか…。

【あわせて読みたい】