『アメトーク』中川家・剛がガチ号泣「グッときた」「もらい泣きしちゃった」

(C)Ollyy / Shutterstock 

お笑いコンビ『中川家』の剛が、10月28日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演。突然号泣して視聴者を驚かせた。

この日のテーマは「双子のパパ芸人」。『NON STYLE』の石田明や『2700』のツネ、『すゑひろがりず』の南條庄助ら、双子の子どもを持つ芸能人が出演した。一卵性双生児で、18歳の男の子2人を育てる剛は、幼少期の2人のVTRを見て「姿、形は一緒やけど、態度は18やから変わってくるよね」と悲しげな様子。外で会っても無視されることもあったとし、2人同時に無視されショックを受けたことも明かした。

収録を終えて楽屋に戻った出演者たちには、子どもたちからのメッセージが用意されていた。テーブルに置かれた手紙を読んだ剛は、肩を上下させて笑いながら眺める。石田は楽屋を出て「にくいことしますね!」と笑いながら喜んでいた。

「双子のパパ芸人」収録後に手紙を渡され嗚咽

他の出演者は楽屋を出て、互いに色紙や手紙を見せ合っていたが、剛だけは楽屋で手紙を読んだまま動かず。正面からカメラが映す中、マスクを着けて神妙な顔つきで手紙をじっくり読んだ剛は下を向いて嗚咽を漏らし始めた。

剛のみ手紙の内容は明かされなかったが、楽屋を出た剛は「しっかりしてますよ…」と2人をほめつつ、「ああヤバイ」と再び下を向いて涙を流す。「泣いたらアカンねんけどな。我慢できなかった」と漏らした。

視聴者は剛の姿を見て思わずもらい泣きしたようだ。

《双子ちゃんからの手紙でためらいなく号泣する剛さん… 内容は明かさないのが剛さんらしくて…》
《こっちは内容読んでもないのに、剛さんが泣いてるだけで泣いちゃうよ》
《手紙読んで号泣してたのグッときたな。父親にはそっけないって話をしてた後だけに》
《最後剛が号泣してるの見てもらい泣き》
《テレビでは涙見せない剛さんだからもらい泣きしちゃった》
《剛がマジで号泣してて私もダメだった》
《やばい剛さんガチで泣いてる…》

寡黙なイメージが強い剛が涙を見せるとは驚きだ。

【あわせて読みたい】