『鉄腕DASH』外来種駆除に熱帯魚好き悲鳴「かわいそうで泣いてしまった」

城島茂 

城島茂 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月31日放送の『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)で、外来種を駆除する企画が放送されたが、この外来種を家庭で飼う視聴者からは「かわいそう」との声が漏れた。

世界自然遺産にも指定された沖縄北部には希少な生物が多くいるが、中部、南部では外来種にも悩まされているという。そこで、『TOKIO』ら3人と『なにわ男子』の大西流星、大橋和也、藤原丈一郎が駆除に取り組んだ。

6人が駆除したのは南米原産のマダラロリカリア(通称プレコ)。番組によると、硬いうろこで身を守り、アマゾンではワニが唯一の敵。沖縄では敵なしの存在で、川のこけを食い尽くしているという。生息エリアは中部、南部だが、北上すれば北部の貴重な生物の命が脅かされるとして、今回捕獲することになった。

プレコ34匹が駆除されて料理に…

一行は胴長を着て川に入り、「TOKIO」松岡昌宏が最初の1匹目を手づかみで確保。大橋はモリで突っつき大喜びした。その後、上下水道局のほとりにある川で百匹レベルのプレコの大群を発見し、挟み撃ちにして27匹を一気に確保。合わせて34匹を那覇市内の料理店に持ち込み、調理を依頼した。

料理店の男性は包丁を入れたもののなかなか切れず、ハサミを用いて強引に切っていった。結局、焼いて蒸した料理や天ぷら、うどんを提供。なにわ男子は「身がしっかりしてる!」などと喜んだ。

視聴者はそもそも外来種を川に放った人物が悪いとしつつも、普段家庭で飼育されることも多いプレコが駆除され、料理になっていくさまを見て悲しんでいる。

《うちでも飼ってるだけに少しかわいそうになってきた》
《我が家にもかわいいプレコがいるから、モリで刺されるプレコ見る度にかわいそうで泣いてしまった》
《駆除はかわいそうだけど、せめて美味しく弔われてくれ…》
《プレコ食べなくてもワニとかの餌になるんだったら動物園とかに寄付すりゃエエのに》
《外来種だって生きてるんだから、こんな見世物みたいなのやめて欲しいなぁ》

美味しく食べたのだから問題ないだろう。

【あわせて読みたい】