河野太郎が池上彰を完全論破!「気持ちええな」「池上さんの負け」

河野太郎 

河野太郎 (C)まいじつ

10月31日、衆議院選挙の開票に合わせて『池上彰の総選挙ライブ』(テレビ東京系)が放送された。ある政治家とのやりとりで、池上彰氏のイヤミがかわされる一幕があり、「池上さんの負け」と驚く声が上がっている。

自民党の河野太郎広報本部長と中継し、池上氏とやりとりした。池上氏は「前は大臣だったにもかかわらず、今は広報本部長。どう見ても左遷というか、降格というふうに見えるんですけど、ご本人どのように受け止めていらっしゃいます?」とジャブを放つ。

河野氏は「菅内閣で内閣府の特命担当大臣になったときも同じようなことを言われましたけれども、そんなことを言う人は今、誰もいなくなった。何をやるかというのが大事」とした。

「よくね、『ぞうきんがけ』っていう言葉がありますけれども、今は自民党に戻ってぞうきんがけをして、次を狙っている?」と、総裁選に負けて虐げられているのではとやゆしたが、河野氏は「最近はモップじゃないですか? ぞうきんじゃなくて?」とケロリ。「モップがけをしてらっしゃるんですか?」と再度問うと、「最近は全自動で掃除は、やってくれる機械がどこにでもありますから」と返した。

河野太郎氏に「そういうふうにズラして…」

池上氏は笑みを浮かべ「なるほど。話をそういうふうにズラして…たわけですね」とイヤミ。河野氏の国民からの人気が、総裁選における党内人気につながらなかったのではと指摘したが、河野氏は政局よりも経済問題を優先して考えるべきと指摘。「簡単だから、面白いから政局の議論だけするのはいかがなものか」などとメディア側の姿勢を批判した。

中継を終え、大江麻理子アナウンサーが「短い言葉でポンポンと答える方でしたね」と振り返ると、池上氏は「ポンポンとね。こちらの質問をうまくズラすとか、これも巧みだなと思いましたけれどもね」と再びイヤミを放った。

中継を終えてからイヤミを放つのは池上氏得意の手法だが、今回ばかりはフェアでなかったと視聴者は指摘している。

《たまたまテレビつけたら河野さんが池上彰を論破してるの気持ちええな》
《河野太郎に論破されて、終わってから捨て台詞を吐く池上彰の小物ぶりはちょっと面白かった》
《終わってから河野さんとのやりとり少し根に持ってる池上さんは面白かった》
《河野さんに言い負けてたのに本人いなくなってからごちゃごちゃ言うのはフェアじゃない》
《池上彰さんは河野さんを貶してるように見えたけど、最後は負け惜しみで終わってるな》
《池上さんの負け。河野さんが人気あるのもわかる》
《「話をずらされるのが上手い」なんて池上さん言ってるけど、いやあ池上さんの負けでしょ…》
《しつこく負け話する池上彰は河野太郎に何て言って欲しかったの》
《池上さんが河野さんへの質問に悪意がありすぎたというか、中身のある質問をぜんぜん投げかけていなかったので見ていて気分が悪くなった》

「池上無双」にもかげりが見え始めたのだろうか。

【あわせて読みたい】