鈴木砂羽のトラブル「相棒の呪い」か

(C)まいじつ

女優の鈴木砂羽が初めて演出する舞台『結婚の条件』(東京都/新宿シアターモリエール)で、初日直前の9月13日に大きな騒動が起きた。出演予定だったふたりの女優が2日前の11日夜に降板を発表したのだ。

その主な理由として、ふたりの女優は、鈴木から土下座を強要されるなど「人道にもとる数々の行為を受けた」と主張している。一方で、制作側はそれらの行為はなかったと否定し、鈴木は当惑しているという。開幕前々日の舞台降板発表は異例中の異例といえる出来事だ。

「降板したのは元『準ミス・インターナショナル日本代表』の鳳恵弥と、築地の佃煮屋で女将も務める牧野美千子のふたりです。関係者によると、トラブルがあったのは9日のことで、ふたりが早めに稽古を離れ、通し稽古が1回しかできなかったことに対して鈴木が『2回の通し稽古がしたかったのに誰かのせいでできない』と激怒し、もめたそうです。ふたりは以前から予定を伝えていたとのことで、意思疎通がうまくいっていなかったことが原因のようです」(芸能記者)

鈴木は初主演映画『愛の新世界』でブルーリボン賞新人賞を受賞し、映画『極道の妻たち』やドラマ『相棒』シリーズに加え、『だんだん』や『まれ』などのNHK朝の連続テレビ小説に多数出演したことのある実力派の女優だ。

「この問題が解決までに長引けば、ワイドショーを賑わす格好の話題になるでしょう。それに加えて、また相棒出演経験のある女優が問題を起こしたということで、相棒が“呪われたコンテンツ”と呼ばれ始めました。」(同・記者)

 

相棒出演者が多くトラブルに

相棒シリーズに出演していた高樹沙耶が覚せい剤所持容疑で逮捕と起訴され有罪に。成宮貴寛が違法ドラッグの使用疑惑(本人は否定)で芸能界から引退。そして、今回は鈴木にトラブルが起きている。そのため、SNS上では《お祓いでもやった方がいいのでは》などといった投稿がされている。

鈴木は相棒シリーズの初期に亀山薫(寺脇康文)刑事の妻役で出演しており、亀山(旧姓・奥寺)美和子として小料理屋の女将を演じ、刑事たちの心を癒やす役として注目を集めた。

「成宮の一件が報じられたときは、スタッフたちはなるべく変な情報を耳に入れようとせずに、普段通りの仕事をしようと心掛けていました。ですが、今回はなぜか落ち着かない様子でばたばたしています。鈴木の強気な性格を知っており、『いつかこんな日が…』と考えていたスタッフが多いからかもしれません」(テレビ雑誌ライター)

舞台公演はふたりの代役を立て、予定通り13日に幕を開けた。これが結果的に「いい宣伝になった」となれば、まさに“禍を転じて福と為す”なのだが…。

 

【あわせて読みたい】

田中みな実セクシー写真披露に「ある疑惑」

中居正広のリークか「稲垣ら3人が中居と合流」報道の怪奇

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係

「YOUは何しに日本へ?」突然ローラが出演し話題に

「まるでブルゾンちえみ」広瀬すずのインスタ写真が話題