アニメ『鬼滅の刃 無限列車編』放送中止に!? 京王線刺傷事件の余波で…

(C)Aila Images / Shutterstock

10月31日のハロウィンの夜、京王線車内で男が刃物を振り回す事件が発生。この事件を受け、TV版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)が放送中止になるのではないかと心配の声が相次いでいる。

事件は、東京都・調布市の京王線国領駅付近を走行していた特急電車内で発生。報道によると、『バットマン』シリーズに登場するジョーカーの仮装をしていた犯人が刃物で次々に乗客に切りつけ、その後、油のような液体をまいてライターで火をつけたという。事件によって1人が意識不明の重体、16人が重軽傷を負った。

電車内で事件が起きたということで、ネット上では、

《鬼滅の刃、無限列車編は不謹慎とか言い出すのでは…》
《まーた不謹慎に敏感なテレビ局が反応して鬼滅の刃が放送中止なるで…》
《トップニュースが選挙よりも昨夜の京王線なんだけど、これ見ちゃうと鬼滅映画の列車のやつも恐怖にしか感じないね…》
《電車内で刃物を振り回し、火をつける事件が起きたとなると「鬼滅の刃」無限列車編が不謹慎として中止になりそう》

などと心配する声が。現在放送されているTV版「『鬼滅の刃』無限列車編」と同事件を重ねる人が多く見受けられた。

『鬼滅の刃』は不謹慎? 事件に左右されるアニメ

また中には不謹慎なアニメファンもいるようで、京王線の事件のニュースに関するネットニュースには《無限列車編か?》というような書き込みも。これに作品のファンからは、

《京王線の放火事件のニュースに「無限列車」とか言うリプライ送るオタク、マジで品性を疑うわ…》
《京王線の事件を検索してたら鬼滅の無限列車の再現~とか茶化してるクソを見かけたんだが》

といった怒りの声が寄せられている。

余談だが、現実に起こった事件の影響で放送休止になるアニメは意外と多い。2019年7月18日に発生した京都アニメーションの放火殺人事件の影響で、20日に放送予定だったアニメ『炎炎ノ消防隊』が見送りに。その翌週に放送を再開した。

放送中止とまではいかずとも、今回の京王線で起きた事件を受けて放送が見送られる可能性は十分にあり得る。果たしてフジテレビはどのような対応をとるのだろうか…。

【あわせて読みたい】