『RIP SLYME』メンバーの“脱退理由”はイジメ?「深い闇を感じる」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

活動休止中のヒップホップグループ『RIP SLYME』のメンバー・PESが2017年9月に脱退していたことを明かし、物議を醸している。

PESは11月1日、自身のツイッターを更新し、《ご報告になります 20年以上色々ありましたがこれで終わりにします 興味のある方はプロフィールのLinktreeからコメントを読んでいただけたらと思います ありがとうございました》とツイート。同グループからの脱退を報告した。

リンク先には、『RIP SLYMEインスタライブの件について』というタイトルの文章がアップされており、PESは《2017年9月、様々な理由から今後RIPSLYMEのメンバーとして活動を続けることが困難であると判断し、事務所とグループを辞めさせていただきました。ここまで皆さんにお伝えする機会を模索していましたが、複雑な話であることや色々な出来事が重なる中で自分が公表できる立場にいるのかも分からず、彼らに関わりたくないという思いもあり遅くなってしまいました。こう言った形での報告になってしまい申し訳ありません。その後、彼ら3人には何度も心を折られているので、また同じステージに立つことは想像すら出来ません》と説明している。

さらに《スマートな方法ではなかったのですが、このまま物事が進んでしまい私の道義的責任が生じるのは非常に危険だと感じましたし、公にアプローチする事で観ている皆さんにも意見を選択してもらう材料をシェアしたかったので、今回の動きをさせていただきました。あれから知人を通して話せる機会を作ってもらえないか、こちらから打診していますがリアクションはありません。それが彼らの私に対する最後の答えなのだろうと思います》とつづられている。

『RIP SLYME』PESの脱退はグループ内のいざこざが原因?

同グループは1994年に結成。98年から5人体制で活動してきたが、2017年4月にメンバー・SUの不倫疑惑が発覚。以降は4人で活動を行ってきたが、18年10月に活動休止を発表していた。PESの脱退に対し、ネット上では

《もう事実上の解散みたいな感じだよね。凄い仲良さそうに見えてたけどまぁ、見えないところでいろいろあったんですね…。ゆっくり休んでください》
《とりあえず凄く嫌な思いをしてきたんだろうなっていうことはわかる。モラハラやいじめがあったんだろうな…》
《この脱退は普通じゃないよね。深い闇を感じる。残りのメンバーもきちんと説明してほしい》
《1番歌の上手いPESをパシリに使うとか、きっと才能に嫉妬していたんだろうね。もうグループの活動を続けるのは無理だろう》
《フェスでは何度も楽しませてもらったのに、こんなにこじれてるなんて… 残念》

などといった声が寄せられている。

「PESはグループ内でもラップスキルが1番高いと言われていました。しかし、グループ内での立ち位置は必ずしも高いわけではなく、過去にはツイッターで《20年間、足を引っ張るなと言われ続けてきたのでもう迷惑はかけたくない》とコメントしています。また、グループの活動についても《私に解散とか休止とか辞めるとか再開するとか発言する権限がないんですよ。そういう扱いというかお手伝いさんというかパシリというか。バイトに会社の責任追及する様なモノですよ》と、発言権すらないことを明かしています。一連の発言を見れば、グループにかなり不満を持っていたことは容易に想像できますね」(音楽ライター)

活動再開を楽しみに待っているファンも多いが、PESが脱退していたことが明確になり、ほぼ可能性がなくなってしまったようだ。

【あわせて読みたい】