自民圧勝で経団連ご満悦も…庶民の不満爆発「資本家に骨の髄まで搾取される」

(C)ViDI Studio / Shutterstock 

10月31日に投開票された「第49回衆議院議員選挙」にて、自民党は公明党と合わせて〝絶対安定多数〟を確保。この結果に日本経済団体連合会(以下、経団連)の十倉雅和会長はご満悦のようだが、一方で庶民からは不満の声が続出しているようだ。

投開票が行われた翌11月1日、都内で十倉会長が取材に応じた。自民党の絶対安定多数について「公明党を含め、強力かつ安定した政治の体制が維持されたことを大いに歓迎する」とコメント。