『めざまし8』のペット特集が炎上!「動物虐待に繋がる」「本当に嫌」

谷原章介 

谷原章介 (C)まいじつ 

もはや炎上が恒例化した、俳優・谷原章介が司会を務める朝の情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)。11月3日の放送回では〝エキゾチックアニマル〟がペットとして人気だと紹介したのだが、批判が殺到している。

この日は、お笑いトリオ『3時のヒロイン』がエキゾチックアニマルを取材。エキゾチックアニマルとは、犬や猫などの産業動物以外の動物の総称で、巷でペットとして注目を集めているという。

まず紹介されたのはコツメカワウソ。福田麻貴は「こうやって普通に人間に寄ってくるんですね」とニヤケ顔。その後、福田が餌やりをする様子や泳ぐ姿が紹介された。次に登場したのは、ミーアキャット。ぬいぐるみ遊びが好きだというミーアキャットとゆめっちが戯れる姿が取り上げられた。そして最後に登場したのは、2匹のショウガラゴ。この2匹はスタジオにも登場し、存分に愛らしい様子を見せつけていた。

『めざまし8』に批判「もっと正しい報道を…」

エキゾチックアニマルのかわいらしさを詰め込んだ特集だったが、ネット上では、

《安易なかわいさだけ見せるの本当に嫌。責任とかもちゃんと報じるべき》
《エキゾチックアニマルとかって動物虐待に繋がる話題は見たくないので、離脱します》
《かわいいとか癒されるだけと報道するから動物の知識知らん人間が安易に飼って、世話出来ませんでした人間が増えるねん。どれだけお世話が大変かも情報出す必要がある。もっと正しい報道をするべき》
《エキゾチックアニマルのペット特集はBPOが勧告して欲しいレベルでひどかった》
《こういうので、またかわいさだけで飼う人が増えるぞ… エキゾチックアニマルは動物病院を探すのも大変だぞ… 犬猫もだけど安易に飼うなよ…》

などと批判が殺到している。

エキゾチックアニマルは犬や猫とは違い、飼育が難しいとされている動物。そのかわいさだけでなく、世話の大変さや診てもらえる動物病院が少ない点なども取り上げるべきだっただろう。

エキゾチックアニマルのかわいらしさだけにフォーカスを当てた「めざまし8」。番組の特集の影響で安易にエキゾチックアニマルの飼育に手を出す人がいなければいいのだが…。

【あわせて読みたい】