騒然「過保護のカホコ」最終回に爆弾ナレーション

(C)BONK! Photography / Shutterstock

(C)Shutterstock

9月12日に連続ドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系)が最終回を迎えた。視聴者は「続編の可能性があるのでは」と想像している。

最終話では根本加穂子(高畑充希)と麦野初(竹内涼真)が結婚することを決め、泉(黒木瞳)や正高(時任三郎)の元へ挨拶に行く。

正高は賛成するが、泉は反対し、麦野に結婚の覚悟や責任感を問うた。麦野は「加穂子と離れたくない、家族になりたい、そばにいて手を離さない」と想いをぶつけたが、泉は「勝手にすれば」と席を離れた。正高は泉に「根本加穂子を守る壁だったけど、いまはおれらが乗り越えられない壁になってないか? いまが乗り越えるチャンスだぞ」と過保護な状態から脱却するよう促す。正高の言葉が響いたのか泉は結婚式の準備を進めた。

 

スペシャル版放送の可能性も

そして結婚式が終わり、泉は正高に唐突に「加穂子がいなかったらやることないし、離婚しよっか?」と提案する。正高は驚いた様子で泉をみつめたのちに抱きしめた。その瞬間、「この後どうなったかはご想像にお任せします」とナレーションが流れ、番組は終了した。

この展開に視聴者からはSNS上で《カホコと初くんに赤ちゃんができるところから出産に向けたあれこれが見たい》、《続編希望。「元過保護のカホコ」とか過保護で子育てしちゃうとか、過保護の子と深く関わるとか》、《幸せになれたけどパパとママどうなった?続編ありそう》、などと続編を望む声が相次いでいる。

今回の脚本を手がけた遊川和彦氏のドラマはかつて、天海祐希の主演した『女王の教室』(日本テレビ系)でレギュラー放送終了後にしばらくしてからスペシャル版が放送されたことがある。また、過保護のカホコのリアルタイム視聴率と録画視聴率を足した総合視聴率は、初回からおおむね17~18%で、今クールでは『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)に次ぐ高視聴率を獲得している。ドラマの最後には、来年1月24日にDVDボックスと、ブルーレイの発売が発表された。宣伝を兼ねて発売前後にスペシャル版を放送する可能性は十分にある。

多くの視聴者が待ち望む続編が放送される可能性は高そうだ。

 

【画像】

(C)BONK! Photography / Shutterstock

【あわせて読みたい】

田中みな実が次は正真正銘「ヌード挑戦」へ

斉藤由貴「一線を越えていた」代償

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係

「YOUは何しに日本へ?」突然ローラが出演し話題に

「まるでブルゾンちえみ」広瀬すずのインスタ写真が話題