徳光和夫“AKBを妊娠させられる”発言で炎上「気持ち悪い」「完全にセクハラ」

徳光和夫 

徳光和夫 (C)まいじつ 

10月30日、お笑いコンビ『浅草キッド』の水道橋博士が、自身のYouTubeチャンネル『水道橋博士の異常な対談 ~Dr.Strangetalk~』を更新。タレントの徳光和夫がゲスト出演していたのだが、動画内でトンデモ発言を繰り出す一幕があり、ネット上でバッシングが噴出している。

「水道橋博士の異常な対談」は、水道橋博士が各界のゲストを招き、トークしていくという趣旨のチャンネル。10月30日に更新された動画の冒頭で水道橋博士は、20年ほど前に徳光が明石家さんまを面白くないと言っていたと暴露する。徳光はこれを認め、「さんまさんの面白さが当時分からなかった」と漏らすが、今は違うと付け加えていた。

さんまとの共演NGを否定するエピソードを徳光が話した後、水道橋博士は「年齢の衰えを知らないですよね、さんま師匠はね」と話を振る。すると徳光は「この間、お目にかかった時、ホント若々しかったですね。まだ、AKBの1人や2人は妊娠させられるなと」と耳を疑うようなジョークを飛ばすのだった。

女性蔑視? 徳光和夫のジョークに批判殺到

時代錯誤な徳光のコメントに対して、ネット上では、

《徳さん完全にセクハラ発言》
《さんまがまだAKBを妊娠させられるって… 気持ち悪い》
《気持ち悪いし女の子を何だと思ってるのかな》
《この時代のオジサンって、何で悪気も無く妊娠させられるとかって言っちゃうんだろう?》
《ものすごく気持ち悪い発言なんだけど。自分にその願望がないとその発想はないよね》
《徳光さんのジョークは何が面白いのか分かりません》
《妊娠させられるって表現はめちゃくちゃまずいのでは?》
《例えが気持ち悪いな。女性をなんだと思ってるのかね》

などと批判的な声が多く見受けられた。

ジェンダー問題に厳しい昨今。地上波ならばカットされるであろう発言だが、YouTubeならば問題ないと考えていたのだろうか。この発言は今後も波紋を広げていきそうだ…。

【あわせて読みたい】