松村邦洋「背水の陣」30キロ減量に成功!

cocone / PIXTA(ピクスタ)

cocone / PIXTA(ピクスタ)

タレントの松村邦洋が、9月13日に東京都内で行われた『ライザップ』の新CM発表会見に登場し、約8カ月で体重110.6キログラムから80キロへマイナス30.6キロのダイエットに成功したことを報告。同時に、そのスリムな体型を披露した。

「これで得意のものまね芸もいっそう冴えを見せるでしょう。ライブでは待ち時間に腕立て伏せをするなどして、わずかな時間にもトレーニングをしていたといいます。ものまねをされている元プロ野球選手の掛布雅之さんや北野武さんなどからも礼賛のコメントが届いているようです」(芸能記者)

松村は過去に“自分に甘い性格”が原因で、どんどん太っていったことを告白。一度は栄養士が組んだ献立を取り入れ、1年間で48キロの減量に成功したが、2009年の東京マラソンに出場した際には、急性心筋梗塞を起こし、心肺停止状態で救急搬送されるなど、近年は健康面が心配されていた。

 

「失敗したら仕事が来ない」

「今回のダイエットは、失敗すれば笑いものになるという“背水の陣”で臨んでいました。『失敗したら仕事が来ない』と本人は思っていたようです。今後はダイエットでの苦労話をネタにして笑いを取っていくでしょう」(同・記者)

今年1月に同社のCMでダイエット宣言をしてから約8カ月かけ、専属トレーナー監修のもと、体重をふた桁台の80キロまで落とし、体脂肪も41%から26.5%となった松村は、スーツを着こなして記者会見に登場していた。そして、「成人式以来ですねスーツ着たの。着たい服より着れる服だったので、うれしいですね」と生まれ変わった体型に喜んでいる様子を見せた。

また松村は、大好きな菓子を我慢し、50キロのバーベルを10回上げられるようになったといい、「芸能生活30周年だったのでちょうどよかった」と話した。体の変化については「ひとりで靴下が履けるようになった。階段を上がれるようになった」と明かし、これからやりたいことについては「草野球やりたい。キャッチャーで2、3人ランナーを刺したい。バッテイングも広角に打ってみたい」と目を輝かせた。

「今回の松村の成功を見て、ライザップに挑戦したいがために、『あえていま太っているんだ』というタレントもいるようですね」(同・記者)

松村のダイエット成功を見た太めの芸人たちは、自分も痩せようと思うのか、それとも競合ライバルがひとり消えたと思うのか、どちらだろうか。

 

【画像】

cocone / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係

斉藤由貴「一線を越えていた」代償

中居正広「SMAP時代」を語るもTVでは全カット

二宮和也と「元カノ」長澤まさみ共演に批判

新音楽番組MCに「ベッキー起用」苦情殺到