『かまいたち』のマネージャーが超かわいい! 歌手デビューに高まる期待…

かまいたち 

かまいたち 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

タレントのスケジュール管理をはじめ、私生活のサポートや身の回りの世話まで行う芸能マネージャー。裏方に徹するイメージだが、マネージャーが芸能人のSNSを更新していたり、インスタライブで顔出ししていたりと、脚光を浴びる機会が増えている。

11月2日には、『吉本工業』の現役社員であり、お笑いコンビ『とろサーモン』や『かまいたち』のマネージャーを務める樺澤まどかのアーティストデビューが発表された。樺澤は15日にデビューシングル『卑屈のうた』を配信リリースするという。

「樺澤は〝かばちゃん〟の愛称で親しまれており、『とろサーモン』や『かまいたち』のファンの間では〝かわいすぎるマネージャー〟として有名です。また、マネージャーの傍ら『吉本坂46』としても活動しており、表舞台に出ることにも躊躇がなかったようです。『かまいたち』のYouTubeにも何度も顔を出しているため、ファンにとっては願ってもない形でのデビューとなったようですね」(芸能ライター)

かわいすぎるマネージャーに期待の声!

樺澤がリリースするデビューシングルには『かまいたちの知らんけど』(MBSテレビ)のエンディングテーマに採用されている「卑屈のうた」と、カップリング曲『夢』を収録。樺澤自身が作詞作曲しており、27歳会社員のリアルな心情が表現されている。

現役の吉本社員が大々的にデビューするということもあって大きな注目を集め、SNSなどには

《なんか声優にいそう》
《ぱっと見、花澤香菜っぽいと思った》
《一瞬、阿部華也子かと思った》
《素朴な感じのかわいらしい子ですね》
《雰囲気変わる前の多部未華子ちゃんに見えた》

といった声が寄せられており、期待が高まっている。「裏方だから」「マネージャーなのに」といった批判も寄せられているが、それの声を跳ね返すような躍進に期待したい。


【あわせて読みたい】