買春は許容!? 米山隆一氏の当選をフェミ議連代表が祝福…「いいの?」

(C)A StockStudio / Shutterstock

今回の衆院選で初当選を果たした前新潟県知事の米山隆一氏。『全国フェミニスト議員連盟』代表で松戸市市議会議員の増田かおる氏も当選を祝っていたが、一部の有権者から批判が殺到しているようだ。

米山氏といえば、2018年に週刊誌に女子大生の買春を報じられ、新潟県知事を辞職。経歴だけ見ると、フェミニズムに根付いた政治を推進しているフェミニスト議員連盟とは対極にいる存在と思えるが…。

しかし過去のことは気にしないのか、増田氏は自身のツイッターで《米山隆一さん当選! 良かった!!》とツイート。これに対してネット上では、

《売春は許容するのか》
《米山の売春は正義の女性蔑視なんだろう》
《現実での買春はOKです! 当選おめでとう! どう見てもダブスタです。本当にありがとうございました》
《フェミ議連と仲良くすれば、買春し放題ってことだな》
《マジで意味わからんのだけど、この人からしたら買春って良いの?》
《女を抱けって事か。今まで誤解してたわ、フェミってそういう主張なんだな》

などと批判が殺到している。

買春は容認で二次元は規制? フェミニスト議連の矛盾

「増田氏が所属するフェミニスト議連は、千葉県警がVTuberを起用して行った交通安全啓発を目的とする動画に抗議していたことが記憶に新しいでしょう。抗議の理由は、『へそを出している』『動くと胸が揺れる』『スカートの丈が短すぎる』といったもの。買春に比べれば取るに足らない問題のように思えますが、イラストという点がフェミニスト議連の琴線に触れたのかもしれません」(芸能ライター)

VTuberを糾弾した背景があったためか、

《女性VTuberは「性犯罪を助長」って批判する政治家が、買春で辞職した政治家の当選を喜ぶ…》
《えっ、つまりフェミニスト議員連盟はVTuberのヘソ出しは抗議するけど、現実のオッサンが買春するのはOKなんすか?》
《女性の権利がどうこうじゃなくてヲタはネトウヨだと思い込んでて、ヲタが好きそうなコンテンツは潰したろって考えなんやろな》

といった指摘が相次いでいる。

現実には甘く、VTuberには厳しいフェミニスト議連。この矛盾した姿勢が、反感を買ってしまったのかもしれない。

【あわせて読みたい】