『オズワルド』伊藤“売れない現状”に不満も…「グチばかり」「宮迫に近い」

(C)WAYHOME studio / Shutterstock 

お笑いコンビ『オズワルド』の伊藤俊介が、11月4日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。悩みを告白したが、ネット上には、痛烈な指摘が飛び交っている。

この日、相方の畠中悠とともにゲスト出演した伊藤。自身の悩みについて聞かれると、「売れてないんですよ」とポツリ。続けて、「『M-1』って優勝しなくても、2回連続で出てたら…普通売れるんすよ。『見取り図』さんも、『ニューヨーク』さんもそうですし…。『錦鯉』さんなんて一発で売れてる」とボヤいた。

伊藤の基準では〝売れる芸人のバロメーター〟は「華があること」に加え、「テレビに合わせられるかどうか」だという。自身については、「前までは同期の『空気階段』も同じだと思ってたけど、彼らには『キングオブコント』を取ったことで置いていかれた。自分は華もないし、テレビにも合わせられていない」と自己分析をかます。さらに、「しかも妹は天才俳優だし。絶対売れるはずなのに、なんで売れてないのか…」と首をかしげた。

『オズワルド』伊藤は性格に難あり?

伊藤の愚痴に対し、畠中は「伊藤はテレビにガンガン出たいってずっと公言してるので、無理してもどんな仕事でもやりますっていう。そういうところも良くないんじゃないかなと」と指摘していた。視聴者からは「面白いから売れてほしい!」と応援の声があがる一方で、ネット上では

《伊藤は「何でもやります! テレビ出たい」って言ってたけど、出演した後は別番組でグチばかり言ってなかった? そういうジメっとしたところがねぇ…》
《妹、売れてますよ。けど妹を天才俳優と言うのはちょっと…。身内の事はもう少し謙虚にならないとね。あと遅刻もね》
《なんか自分に酔ってるような… 宮迫に近い感じがする》
《もう少し、余裕をもってテレビに出るようになればいいかもね。今を見てるとあまりにもガツガツしちゃってるのが伝わってくる》
《本人に難があるかと。遅刻癖はやばいよ》

などと厳しい指摘が飛んでいる。

「芸人が売れるか売れないかは、ある程度の運とトーク力が必要と言われています。伊藤の場合は独特の雰囲気と声がファンを魅了しているようですが、ネチっこい物言いが受け付けられない視聴者もいるようですね。また、妹の俳優・伊藤沙莉は2003年に子役デビュー後、じわじわと実力を伸ばしていき、今年は3つの賞を受賞。確かな演技力と存在感で、すでに圧倒的な人気を誇っています。兄に関しては出演番組の選定力を養ったり、以前から指摘のある〝遅刻癖〟を直すところから始めたほうが良さそうです」(エンタメ誌記者)

遅刻キャラや愚痴キャラ、クズキャラなど、芸能界にはネガティブなイメージを逆手にとって活躍する人も多い。伊藤は今後どのようなキャラで注目を集めていくのだろうか。

【あわせて読みたい】