室井佑月vsフェミニスト開幕!!「期待に溢れる」とネット民大盛り上がり

(C)ESB Professional / Shutterstock

衆院選新潟5区で当選した米山隆一氏の妻で作家の室井佑月が、夫の〝ハッピーメール事件〟を揶揄され激怒。社会活動家の仁藤夢乃氏とのバトルが勃発している。

米山氏は2018年4月、出会い系サイト『ハッピーメール』を利用して複数の女性と知り合い、現金を渡して性的な関係を持っていたことが発覚。その後、知事を辞職している。

コトの発端は仁藤氏が11月1日に投稿したツイートだった。仁藤氏は《こんな人が野党に推されて当選しちゃう社会で少女の人権、性搾取、買春なくすことなんて、私たちがいくら必死に活動しても到底無理だよね。最悪だけど日本の現実》とツイート。

続けて、《パパ活買春したことについて「今は奥様がいる」「もう女子大生には欲情しない」「女子大生と純愛したかっただけ」「いつまで掘り返すのか」という人がいるけど、妻がいる男も普通に買春するからね。男性たちこそ、わかっているはずだよね。買われた女に人権はなく、買春者は堂々とし議員にもなれる》《そして妻も夫の性欲処理機ではない》と米山氏を厳しく糾弾した。

室井佑月と仁藤夢乃氏の喧嘩にさまざまな声

もともと、仁藤氏と米山氏の間には〝ジェンダー問題〟について意見の相違があり、くすぶっていた火種が一気に燃え上がってしまったようだ。室井は仁藤氏のツイートにすかさず反応し、《はぁ? これあたしに言ってんのか》とツイート。さらに、《んで? ほかに言いたいことは? 一応、全部、聞いたるさかいに》《言ってる事の根本は、あたしも正しいと思う。けど、そのやり方のどこが歪んでるか指摘してやるよ》と、対決姿勢をあわらにしている。

2人のバトルに、ネット上では

《内ゲバが始まってて笑った。どっちもどっちだな》
《修羅の国よりも酷い事になっている…。どっちが勝っても何も残らないですね》
《室井がわざわざ弾に当たりに行っていてワロタ》
《室井佑月vs仁藤夢乃とか言う、名前を見ただけで色々期待が溢れてしまう喧嘩が流れてきた》

などと、呆れる声があがっている。しかし一方で、

《いくらなんでも仁藤夢乃は度を越してる。室井佑月がキレるのは当たり前。米山さんにも喧嘩売ってたし、自分が何言ってるのもわからなくなってるんとちゃうかこの人》
《性欲処理機は失礼。室井さんがかわいそう》
《赤の他人に夫婦間の話されるの自らに置き換えてみても不愉快過ぎる、室井さんに同意》
《そりゃ自分とこの旦那ごとけなされてるわけだし、喧嘩になるわ》

などと室井を擁護する声もあがっている。

もともと、仁藤氏と室井は同じリベラル同士で同じ仲間内と見られていたが、まさかのバトル勃発でネット民も驚いたようだ。だが、今回の喧嘩を〝フェミニスト同士の喧嘩〟と一括りにしてしまうのは、少々論点がズレているのではないだろうか。

【あわせて読みたい】