スピードワゴン・小沢の“占い批判”に大絶賛!「占い番組とか本当クソ」

小沢一敬 

小沢一敬 (C)まいじつ 

お笑いコンビ『スピードワゴン』の小沢一敬が語った〝占い論〟が、ネット上で喝采を浴びている。

11月6日深夜、小沢は『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演。番組中、リスナーからのメールに答える形で、加藤浩次が「手相めちゃくちゃ嫌いなんだよ。こんなんで人生言われたら、腹立ってこない? ただのシワだぞ」と占い批判をすると、これに乗っかっていく。

小沢は「占い自体を信用しない」と言い切り、その理由として「これは僕の説ですけど、例えば駅前とかに『占います』って座ってる人がいるじゃないですか。で、別に行列もできてない。『今日行列ができないことを何で占えなかったんだ?』ってまず思っちゃう」と矛盾を指摘。

批判しているうちにヒートアップしたのか、「字画占いってあるじゃないですか。名字が何画で、名前が何画って。海外の人が自分の名前を筆記体で書いたら1画だよって思っちゃう」とさらに語気を強め、「画数なんて何の意味もない」と一刀両断したのだった。

「私も信じない」「本当クソ」と称賛の嵐

こうして占いは科学的根拠のないインチキオカルトだと断言した小沢に、ネット上では「よく言った!」と称賛の嵐が。

《占い番組とか本当クソ。コロナや、電車内の事件やら、誰一人当てていない》
《29歳の時 酔った勢いで手相を見てもらったが「あなたは27歳で結婚します」と言われた》
《占い師連中の話し方って詐欺師やマルチや新興宗教や自己啓発系の危ない連中と同じ》
《私の友人は結婚した時に占いでは最悪の相性と云われたが、今でも仲が良く20年近く一緒です》
《私も信じない。こじつけだもん》
《ただマインドコントロールかけられてるようなもん》

など、賛同が殺到した。

「他に占い批判をしている芸人といえば、最も有名なのが有吉弘行。ラジオやテレビなどいたるところでインチキだと糾弾しており、手相芸人の島田秀平を事あるごとにバカにしています。今年3月の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でも、『人の怯えを利用してるわけだからね』『そういえば、島田秀平が占いだけやってりゃ許してやったんだけど、ついに財布まで出してやがった』とチクリ。昨年の『有吉反省会』(日本テレビ系)でも、『僕は占いが一番嫌いです、この世の中で。占い師を全滅させてやろうと思ってる』と斬り捨て、ゲッターズ飯田を『変態仮面』と往年のあだ名芸でぶった斬っています」(テレビ誌記者)

占いや祭事が公的行事になっているオカルト国家・日本。これだけ非科学的なものを信じる国民が多いのも納得だ。

【あわせて読みたい】