『めちゃイケ』三ちゃんが“悪い噂”に反論! 岡村隆史がデマを拡散か…

岡村隆史 

岡村隆史 (C)まいじつ 

2010年に『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)のレギュラーになるも、2016年の視聴者投票で〝卒業〟となったお笑いタレントの三中元克。ネット上でも猛烈なヘイトを買っている彼が、自身にまつわる噂を否定した。

11月6日、三中はコンビで運営するYouTubeチャンネルに動画を投稿。動画内で、ネット上で流布されている〝靴紐事件〟に自ら言及する。

「この事件は、『ナインティナイン』の岡村隆史がラジオで広めたエピソード。三中は自身で靴紐が結べないため、大縄跳び企画の収録中にほどけた際、スタッフが駆けつけて結んでいたそうです。しかし、三中はこれに礼も言わなかったため、岡村はその場で注意したと発言。『靴紐を結んでもうてんやから、せめて〝ありがとうざいます〟と。どんだけしんどかっても〝ありがとうございます〟って言わなアカンで』などと苦言を呈していました」(お笑い記者)

しかし、動画内の三中いわく、大縄跳びでヘトヘトに座り込んだところにスタッフが駆け寄り、「しっかりして。靴紐もほどけてるし」とエールのついでに結んだのが真相とのこと。また、息の上がった声で「ありがとうございます」と礼も言っており、岡村が広めたエピソードは一部事実と異なることを明らかにした。

自分を棚に上げて嘘で後輩を攻撃した岡村隆史

数年越しで明らかになった真相に、お笑いファンは

《騙されて叩いてたやつはごめんなさいしないとね》
《靴紐の件は岡村がラジオで流してたやん 犯人あいつやん》
《芸人のエピソードは嘘多いからな》
《岡村って器ちっちゃいからな 一個嫌なとこ見つけると永遠に言ってそう》
《結構誇張されて噂が出回ってたんですね…》

などと動揺気味の模様。少しは見る目も変わったようだが、番組降板から5年も経った今では、名誉回復ともいかないだろう。

「岡村はとにかく三中をヘイトしており、ラジオでは他にも『三中の根っこにある悪い部分が4~5年でチラホラ見え始めて。それをうまいこと『めちゃイケ』(の編集)では切ってきて、『かわいらしい三中』を見せてきたんですけども、段々それもできんようになってきた』など、誹謗中傷のようなことを連発。おそらく、靴紐事件は落とし込みだったのではないでしょうか。そのくせ自分は、〝風俗発言〟事件で相方から『ADにコーヒー入れてもらって一回もお礼いった事ない』と説教されているのですから、つくづくダブスタな人間ですよ」(お笑い評論家)

ここは岡村と三中の〝仲直り対談〟に期待したい。

【あわせて読みたい】