柏木由紀×『水ダウ』アイドルのMVにドン引き…「不快でしかない」

柏木由紀 

柏木由紀 (C)まいじつ 

『AKB48』の柏木由紀が、『安田大サーカス』クロちゃんがアドバイザーを務める『豆柴の大群』とのコラボシングルミュージックビデオを公開。しかし、その悪目立ちでしかないありさまに、ファンから失笑が相次いでいる。

柏木は11月8日に自身のYouTubeチャンネルへMVを投稿。メンバーカラーで分かれた衣装を着用し、まるで「豆柴」の一員のように違和感なく馴染んでいる。映像はサビの一部を除いてほぼフリーとなっており、柏木と「豆柴」メンバーの掛け合いがメイン。しかし、全体的にはチャカついた落ち着きのない世界観で、落ちサビにはクロちゃんの書いた歌詞に合わせ、ズッキーニに割り箸を刺した精霊馬が登場する。

メンバーは合成でこのズッキーニに乗るのだが、その光景はおよそまともなものとは思えないほど不気味で醜悪。終始チカチカする色づかいは、まるでキメたかのようなぶっ飛び映像だ。その狙いまくった作風は、『BiSH』擁する『WACK』のやり方を体現していると言っていいだろう。

「奇抜で創造的なことをやってると勘違いしてる」

いかにもサブカル厨が好きそうな悪目立ちのMVに、信者は諸手を挙げて大興奮。一方、「AKB」のファンからは

《風俗店がノリでつくったみたいなMV》
《企画そのものが滑ってる》
《褒める所が何ひとつない これを発表しちゃうの恐ろしい》
《絶賛コメントしてやろうと思って観てみたが誉め言葉が見つからない》
《1分が限界》
《WACK絡みは不快でしかない 一切の貢献をしたくない》
《WACKってベタ中のベタの下ネタしかできないのに、奇抜で創造的なことをやってると勘違いしてるのが痛い》

など、真っ当な感想が相次いでいる。また、こんなヨゴレ仕事を受けた柏木にも、

《30歳にもなってこんなことやらされる為にこれまで頑張ってきたんや》
《晩節汚しまくってるな》
《柏木さん曰くAKBと違って成長させてくれる環境なんだぜ?》

などと失笑が集まっている。

これでは韓国のエンタメに駆逐されるわけだ。

【あわせて読みたい】