マーベル最新作『エターナルズ』は退屈?「時間と金の無駄」と酷評…

(C)Rachata Teyparsit / Shutterstock 

『アベンジャーズ』シリーズでお馴染みの『マーベル・スタジオ』最新映画『エターナルズ』が、11月5日より全国スタート。映画ランキングなどでは好調な滑り出しを見せているものの、劇場に足を運んだ人からの評判はイマイチのようだ。

同作は「マーベル」シリーズ26作目となるヒーローアクション大作で、2019年公開の映画『アベンジャーズ エンドゲーム』のその後の世界が舞台。長年にわたって人類を見守ってきた「エターナルズ」が、生みの親である「セレスティアルズ」と対峙していく姿を描いたストーリーだ。