西山茉希「新事務所決定」も前途多難

(C)まいじつ

タレントの西山茉希が先日、自身のSNSやブログで新しい事務所に所属したことを報告した。

西山は今年6月に、女性週刊誌で所属事務所との“奴隷契約”を涙ながらに告白していた。

今回、ブログで西山は、《今日まで更新を途絶えてしまい、ご心配おかけしましたことをお詫び申し上げます。》と謝罪。《今日までに届いた多くの温かいコメントに心から感謝し、再開の喜びを込めまして。。。『ただいまーーっ!』(*´∇`) 尚、今後はGrick株式会社に所属となります。》と報告した。

「新しい所属芸能事務所には松井玲奈、鈴木ちなみ、平野綾、島谷ひとみ、小柳ゆきらが所属しており、いわゆる“バーニング系”の有力事務所です。いろんな関係者に相談した結果、拾ってもらったというのが実情でしょう」(夕刊紙記者)

 

今後も急速に仕事は増えない?

西山は女性誌に今年2月以降、給料が支払われていないこと、妊娠を機に給料が半額にされたこと、デビュー以降13年間昇給がなかったことなどを告白していた。

一方、前事務所社長はテレビ番組の取材に対し、「どっちが奴隷かといったら、うちらが奴隷。西山がこっちにかみついてきた」と反論。昇給がなかったことについてはプライベートで運転手付き車で送迎するなど、給料以外で手厚くしていたと主張し、裁判になった場合は「これでもかっていうぐらいやってやりますよ」と明言していた。

「前事務所の社長と二人三脚でやってきて、西山は人気になりました。ところが、西山は早乙女太一との“デキ婚”で、ドラマの出演を飛ばしてしまった。それだけに前事務所社長は怒り心頭で、このまま黙っているとは思えません。使う側としてみれば、リスクが高く、いくら新事務所が決まったとはいえ、当面、大きな仕事は入らないでしょう」(同・記者)

まだまだ前途多難のようだ。

 

【あわせて読みたい】

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係

斉藤由貴「一線を越えていた」代償

中居正広「SMAP時代」を語るもTVでは全カット

二宮和也と「元カノ」長澤まさみ共演に批判

新音楽番組MCに「ベッキー起用」苦情殺到