『日本沈没』船のシーン“全カット”にツッコミ殺到「雑すぎ」「予算が…」

小栗旬 

小栗旬 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月14日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第5話が放送された。不自然なシーンのカットに、視聴者からツッコミの声があがってしまった。

同作の原作は、1973年に刊行された小松左京による名作「日本沈没」。今回のドラマは大きくアレンジを加え、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊誌記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

第5話では、ついに関東沈没が発生。首都圏を中心に深刻な打撃を受けた。さらに、天海の妻・香織(比嘉愛未)と娘の茜(宝辺花帆美)、椎名の母・和子(宮崎美子)らが乗った避難バスが、トンネル崩落事故に巻き込まれたという情報が入る。天海と椎名は安否を確かめるため、事故の被害者たちが入院している病院へと向かおうとする。

しかし病院に向かう道は土砂崩れや崩落で塞がれた状態。地図に書かれているルートをすべて試したが、結局どこからもいけなかった。その後2人は漁港へ。そこも地震被害で酷いありさまだが、そんな中で1人の漁師(ガッツ石松)に出会うのだった。

謎すぎたしょぼい船シーン

目的の病院に向かうために船を出してくれるようせがむと、漁師は一度は断ったものの了承。「今日の海は荒れるかもしれんな。それでもいいか?」と2人に言葉をかけるのだった。

すると次のシーン、2人はいきなり山の中を移動している。どうやら船で近くまで運んでもらい、山の中を歩いているようなのだ。船で出発するシーンもなければ、海上のシーン、船から降りるシーンもなく、船シーンはすべて割愛。これにネット上では

《日本沈没 船のシーンなし 雑すぎじゃね?》
《船の移動シーンは1ミリもないんかいw》
《いや船乗ってるとこ見せてくれないんかいw》
《ガッツ石松と船に乗ってるシーンないのw(予算が…コ…コロナもあるから…)》
《船のシーン マジで何の意味があったんだ》

といったツッコミの声が殺到している。

船シーンを撮るほど予算がないのはわかるが、ならばそもそも漁港シーン自体をオールカットし、一か所だけ病院にたどり着ける道が残っていた…という設定ではいけなかったのだろうか。

【あわせて読みたい】