菅田将暉・弟のCMが大不評! 有吉弘行も苦言「あんなに下手くそな歌…」

菅田将暉 

菅田将暉 (C)まいじつ 

ネット上で不評を買っている不用品買取専門店『エコリング』のCMに、ピン芸人の有吉弘行が言及した。

有吉は自身がパーソナリティを務めるラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)で、CMソングの音程が外れすぎていたため印象に残ったと指摘。気持ち悪ささえ覚えたため、すぐに「エコリング CM 出演者」と検索したという。そして、あまりの下手さに素人であると感じ「誰が歌っているのか、社員なのか社長なのか?」「あえて記憶に残すよう、あんなに下手くそな歌を流したのかも」と当時の心境を口にした。

しかし、検索した結果判明したのは、CMのキャラが俳優・菅田将暉の弟・菅生新樹であるという事実。片やヒットソングを連発して『NHK紅白歌合戦』にも出場した人気俳優、片やCMソングすらまともに歌えない音痴という事実に、脱力感すら覚えてしまったのだという。

「同CMは昨年から関西ローカルで流れており、今年秋ごろから関東ほか一部地域でもオンエア。菅田にそっくりな男性が、アニメーション映像を背景にサービスをPRしています。しかし、その滑舌はかなり悪く、『ブランドバッグ、ジュエリーも!』というフレーズは呂律が回っていないように聞こえるほど。さらに酷いのは有吉も指摘した歌で、『感動買取~♪』というワンフレーズだけでも相当に音痴であることが分かるほど酷い有様です」(芸能ライター)

下手すぎる歌で注目を浴びることに

実際、以前からネット上には

《エコリングのCMがとてつもなく気持ち悪い》
《なんやろエコリングのCMに不快感しかない。音程とか表情ひどいな》
《エコリングのCMがウザダサすぎてローカルCMだとしてもセンスなさすぎだろって見てた》
《Googleの検索で「エコリング」の後スペース入力したら「エコリング cm 気持ち悪い」って出てきてなんか胸が痛くなった》

といった声があがっており、同CMの評価がいかに低いかが確認できる。また、有吉の発言により、

《有吉さんの耳に止まるのも頷けます。凄まじい》
《わざと外してるのか音痴なのか微妙な歌い方が、地方CM感を醸し出しててかなり面白い》
《サンドリ以降、クセになって50回は聞いてる》
《これは有吉が喜ぶいいエサだわw》

など再注目も浴びており、ついには会社の公式ツイッターまで《イジってくださりありがとうございます》とツイートしている。

兄の結婚とラジオでのイジリがほぼ同時に起きたことで、思わぬ注目を浴びた「エコリング」。その宣伝効果は全国CMを打つよりも大きいだろう。

【あわせて読みたい】