小倉優子ついに“離婚”決意? 自虐ウリの限界に同情の声も…

小倉優子 

小倉優子 (C)まいじつ

タレントの小倉優子が11月17日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)に出演。「これ以上、子どもたちを振り回したくないと思っている」と発言し、いよいよ〝離婚〟を決意したのではないかと、話題になっている。

この日、小倉は人気占い師・村野弘味氏の鑑定を受けた。「宿命として、〝異性と揉める〟っていうのを持っている。32歳から一気に流れが変わって、2020年くらいまでは人生が底だったでしょ?」と占われると、「そうですね。苦しいことが多かったですね」と納得した様子を見せた。

さらに今年引っ越したことについて、「2019年に引っ越して。引っ越して1カ月ちょっとで旦那さんが出て行っちゃった。その後はコロナもあって、子どもたちとずっと家で過ごしたけど、あの家はもう…。私が悪かったと思っているけど、でもなんか苦しかった」と目に涙を浮かべた。

村野氏から「そんなに苦しく生きなくて大丈夫だから」と声をかけられると、小倉はたまらず号泣。「急に旦那さんがいなくなって子どもたちも不安定になった。夜中なのに(ギャル)曽根ちゃんが来てくれたりしたこともありました」と振り返った。続けて、「これ以上、子どもたちを振り回したくないと思っている」とまさかの〝離婚〟をほのめかした。

小倉優子の“ニオわせ”に離婚を後押しする声も…

小倉のニオわせ発言に、視聴者からは

《真相は分からないけど、旦那さんも理由なく出ていったわけではないと思う。ここまで来たら、さすがに離婚しかないだろうね》
《そろそろゆうこりんも離婚を考えだしたと思う。いつまでも夫と揉めててもしかたないしね》
《最近、ゆうこりんの自虐売りが加速してる気がする。どっちにしてもそろそろ見切りをつけた方がいいかもしれない》
《このまま別居生活ではないですよね。子ども達の為にも帰って来ない人を待ち続けず、シングルマザーで頑張ればいいのでは…?》

などといった声が寄せられている。

「3人の子どもを抱え、小倉としては頑張っているママというイメージを貫きたかったのでしょうが、テレビでアピールすればするほど、ファンはドン引き。別居中の夫もさらに距離をとってしまったようです。さすがにここまでくると復縁は絶望的といっていいでしょう。さすがの小倉もいよいよ離婚を視野に入れたようですね。そもそも本気でやり直したいなら、家庭の事情を公開するのは一番の悪手。結果的にファンからの同情も集まらず、目論見は完全に失敗したといっていいでしょう」(芸能記者)

今後はシングルマザーとして頑張っている姿を見せた方が、ファンも全力で応援してくれるだろう。


【あわせて読みたい】