『ベストアーティスト』手越祐也を排除!“カット祭り”に悲鳴「エグイ」

手越祐也 

手越祐也 (C)まいじつ 

11月17日の『ベストアーティスト2021』(日本テレビ系)で放送された、番組20周年記念のジャニーズアイドル特集。過去に出演したジャニーズグループの映像が続々と登場したのだが、元『NEWS』の手越祐也だけが不自然なまでにカットされていた。

同日の番組は「BEST of ベストアーティスト ジャニーズ熱狂ライブ編」と題し、ジャニーズアイドルが彩った歴代のステージを紹介。『TOKIO』や『V6』をはじめ、3グループが集結したスペシャルユニット『J-Friends』など、今では見ることができない豪華なステージがVTRで放送される。

その中には「NEWS」の姿も。彼らは『恋のABO』を披露していたが、VTRには現在もメンバーとして活躍する小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久しか映っていない。手越の姿は露骨なまでにカットされ、かろうじて歌声だけが聞き取れるといった映像になっていた。

日本テレビ「脱退者は絶対に映しません!」

「声はそのままに、映像だけをカットする精巧な技を披露した日本テレビ。意地でも映さないという強い意志を感じますね。ちなみに他のグループは〝登場年〟が明記されていましたが、『NEWS』の映像は〝2009年と2012年 観客絶叫SPミックス〟のテロップでお茶を濁していました。2つの年の映像を混ぜ合わせることによって、脱退したメンバーを上手く排除していたのでしょう」(芸能ライター)

「NEWS」メンバーではトップクラスの知名度を誇り、グループに貢献してきた手越。しかし日本テレビによって活動すらもなかったことにされたため、ネット上には、

《ベスアの手越の切られ方エグイな。そこまでしなくても…》
《NEWSの時に、手越の声するのに一切映らないように編集するのスゴイwww》
《NEWSの映像流す時、手越だけ全然映ってなくてバリおもろい》
《手越がめっちゃカットされてて草。声がめっちゃ聞こえますけど?》
《ベスアの編集技術VS癖の強い歌声はカットできなかった手越》

などと爆笑の声が続出している。

隠したことによって、より一層、手越の存在が浮き彫りになってしまったようだ。

【あわせて読みたい】