清原和博に特大ブーメラン! 新庄監督ディスに「他人のこと言えるの?」

清原和博 

清原和博 (C)まいじつ

元プロ野球選手の清原和博氏が、11月17日に自身のYouTubeチャンネルを更新。『北海道日本ハムファイターズ』の〝ビッグボス〟こと新庄剛志監督に苦言を呈し、物議を醸している。

清原氏は「僕ね、この間(新庄監督に対して)優しいコメントしたじゃないですか。(就任)会見日の前だったんですよ。見た瞬間にちょっとイラっとしました」と切り出し、「もうちょっと、(服装を)ちゃんとしてくると思った。プロ野球の監督になったらある程度は整えて来るのに」と厳しくダメ出しをした。

さらに、「プロ野球100年の歴史があるわけですよ。川上(哲治)監督から始まってね。絶対プロ野球のOBたちは言わないけど、みんな嫌な気分になっているのは間違いないと思います。若い世代は分からないですけど、僕らの年代までの選手まではね」「監督になるのはいいんですよ。ああいうことするのはね。パフォーマンス」と素直な気持ちを話した。

一方で清原氏は『PL学園』の後輩で、来季から『中日ドラゴンズ』の監督を務める立浪和義氏を大絶賛。立浪監督が選手やチームスタッグに通達した「茶髪、長髪、ひげ禁止」指令にも賛同し、「選手のみなさん、このプロ野球界を盛り上げてください。ジャージを着ている男(新庄監督)なんかに負けないでください」とエールを送った。

清原和博氏の言い分に「他人のこと言えるの?」

そうした清原氏の言い分に、ネット上では

《新庄監督も清原には言われたくないと思ってるだろうね。現役の時にピアスをして試合に出てた人がよく言えたもんだ》
《多分ね、清原が子分連れてクラブとかで豪遊してる時、新庄はバットを振ってトレーニングしてたと思うな。あのスーツ姿だってめちゃカッコ良かったよ》
《ほんと清原にはガッカリ。どの口がそんな偉そうなこといってんの。薬物に手を出した時点で人の批判するのはどうかと…》
《清原さん白スーツにダイヤピアスでグラウンドに行ってませんでしたっけ? お薬はもちろん論外ですが、こんな風に他人のこと言える立場なのかな?》

など、大ブーイングが起こった。

「学生時代から厳しい練習を積んできた清原氏にとっては、プロ野球の監督という立場の人間が派手なパフォーマンスをすることに違和感があるのでしょう。茶髪、長髪、ひげを禁止した立浪監督も同じタイプでしょう。ファンは完全な〝昭和脳〟と思っているんじゃないでしょうか。しかも、清原氏自身がじゃらじゃらとネックレスやピアスをつけて試合に出ていたのですから、説得力はありません」(ネットニュースサイト編集者)

もちろん、清原氏の言う通り、新庄監督のパフォーマンスを快く思っていないOBは少なからずいるだろう。しかし、ファンあってのプロ野球。野球ファンだけでなく、日本中を大いに沸かせた新庄監督のお手並みをまずは拝見してみてはいかがだろうか。

【あわせて読みたい】