報道陣が心配した…情緒不安定な壇蜜のイベント舞台裏

「マスコミが仕向けた“グラビア界の女のバトル”というシナリオを、真面目に考え過ぎて失敗したようです」(スポーツ紙記者)

対照的に、13歳から芸能界入りしている海千山千の橋本は、タレント感覚が鋭い。

「私はあんなに頭がよくないので~及びません」と壇蜜を持ち上げながらも、笑顔でセクシーさでは「譲りません」と、かわいくマスコミ向けへコメントし、話題を振りまいた。

壇蜜は、12月20日に都内で行われた2016年のカレンダー発売記念会見で、前回の“沈黙”を反省したというが、集まった報道陣が「病んでいるんじゃないか?」と心配するほど、ひきつった表情と卑屈な発言を繰り返し、その様子は異様だった。

橋本のセクシー宣戦布告に対してコメントを求められると、消え入りそうな声で「お譲りします」と苦笑い。「もう35歳なので、見てくださる方がいるだけで」と、とことん謙虚な姿勢を見せた。

かねてから壇蜜は「私は結婚してはいけない立ち位置」と話しているが、恋愛観には「恋をすることと結婚することは別だと思います。日記の帯に誰かに抱かれたとか書くのはいいかな」と悩める胸中を明かした。