『ドクターX』シリーズ終了か!? ファンも恐怖の展開「嫌な結末だけは…」

米倉涼子 

米倉涼子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

11月18日、米倉涼子主演の大ヒットシリーズドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第6話が放送された。ゾッとする展開が起こり、シリーズファンが不安の声をあげている。

どんな困難の中でも「私、失敗しないので」。誕生から10年目を迎えた『ドクターX』第7シリーズは、100年に1度のパンデミックによって世界中で医療崩壊が起こる中、新局面を迎えた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が舞台。パンデミックにより院内で発言力を増し、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎)が登場する。

第6話でも、いつものように未知子(米倉)がスーパーオペで患者を処置。無事に困難な手術を成功させたのだが、その裏では怪し気な動きが。未知子が〝師匠〟と慕う神原名医紹介所の所長・神原晶(岸部一徳)が、何者かと電話で話しながら「では正式にご契約頂けるという事で。これで大門未知子はもう不要ですね」と発していたのだ。

レギュラー出演者の健康面から…

晶といえば、謎が多く胡散臭い雰囲気でありながらも、未知子と長年タッグを組んできた人物。ここにきて未知子を裏切るとあれば、シリーズを揺るがす大事件とあって、ネット上では

《晶さん悪い顔しすぎだよ…。誰よその契約者って…。未知子不要ってことは相当の外科医だよね…》
《大門未知子はもう不要ですってどういうこと? そんな事言わないでよ!》
《晶さんが闇落ちとかはむりだよ》
《未知子と晶さんの仲がこじれないか心配すぎて夜も眠れない》
《前にも大門先生が晶さんのことなんか怪しむ展開があった気がするけど今回は何があるんだろう 嫌な結末じゃないといいけどな》

といった心配の声があがっている。

「晶を演じる岸部は2018年に体調不良で入院するなど、最近は健康面が心配されています。同じく名物レギュラーキャストの西田敏行もここ数年は、体調面であまりいい話を聞きません。局としては、これだけ高視聴率をとれるドラマは永遠に続けていたいでしょうが、役者の体力がそれに追いついていない。2人抜きでドラマを続けるよりも、2人がまだ健康でいる間にこの大ヒットシリーズを完結させるのかも…。そういった意味で今回、物語が大きく動きそうな展開があったのでは」(テレビ関係者)

『ドクターX』完結となれば、最後にものすごい視聴率を獲得できそうだ。

【あわせて読みたい】