今年の『M-1』優勝候補筆頭!? ハライチを抑えて人気のコンビは…

(C)Prostock-studio / Shutterstock

年末の風物詩『M-1グランプリ』決勝への出場者が、今年も出揃ってきた。

現在、大会は準決勝進出者まで発表されており、次回の発表でTV放送される決勝進出9組が決定。10組目となる敗者復活枠は準決勝進出の全員に参加資格があるため、現時点で残っているコンビは全組に優勝の可能性があることになる。

ここに残っているのが、『ハライチ』『アルコ&ピース』『オズワルド』『インディアンス』『見取り図』『東京ホテイソン』『アインシュタイン』『ニューヨーク』『錦鯉』『金属バット』といった、人気コンビや決勝常連の実力派コンビたち。これを受け、お笑いファンの間では早くも

《すでに知名度のあるコンビは今ひとつ爆発力がない 無名コンビもなかなか難しそう》
《アルピー金属バットランジャタイに頑張って欲しい》
《ハライチとか優勝してもシラケるだけやんけ 知名度あるやつがM-1出るなよ》
《アキナとかニューヨークとかいう小学一年生向けの漫才師通す審査員いい加減しろ》
《お笑い評論家が増える季節やね》
《ミキとかインディアンスで笑う奴センスなさそう》
《多分決勝初めてのコンビが優勝すると思うわ》

などと優勝予測が白熱している。中でも下馬評が高いのは、昨年・一昨年も決勝に進出している「オズワルド」と「インディアンス」の二組だ。

『オズワルド』『インディアンス』が優勝候補か?

「オズワルド」は2019年に決勝10組中7位、昨年は5位と着実にステップアップ。「インディアンス」も19年に9位、昨年は敗者復活でトップバッターながら7位と順位を上げており、ここ1年での活躍も含め、期待を浴びている。

ネット上のお笑い評論家たちからも、

《順当に行くならオズワルドだよな》
《オズワルドは優勝してもおかしくないんだろうけど、その場合オズワルドの年は地味だったなってずっと言われそう》
《オズワルドとアインシュタインは期待してる》
《見取り図かオズワルドが本命やろうけど》
《インディアンス優勝に500ペリカ》

などと好評価。一方、一時休止前の「M-1」に出ている唯一のコンビである『ハライチ』は、知名度ほど評価が高くない状況だ。

「『オズワルド』は手堅い堅実な巧みさがあり、『インディアンス』はボケのラッシュによる爆発力がある。いずれも優勝候補の筆頭であり、下馬評もうなずけます。『ハライチ』は知名度こそトップですが、若い力に押され、爆発力に欠けている感が否めません。しかし今年はとびぬけた候補がいるわけでもなく、例年以上に拮抗していますね」(お笑い評論家)

年末放送の決勝で優勝を果たすのは一体どのコンビか。要注目だ。

【あわせて読みたい】