永野芽郁の“ちょいダサ私服”に大喝采「のび太っぽい」「ほっとする」

永野芽郁 

永野芽郁 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で主演を務め、今やテレビに引っ張りだこの若手人気俳優・永野芽郁。そんな永野の私服姿が写った〝プライベート写真〟が流出したが、そのセンスにネット上で大歓声が巻き起こっている。

永野の私服写真は、11月20日にニュースサイト『NEWSポストセブン』へ掲載された。10月下旬に都内でショッピングした際に撮影されたようで、黒縁の丸眼鏡に黒マスクをした永野が写し出されている。

この日は鮮やかなレモンイエローのトップスに身を包み、ボトムスにはシンプルなブルーのデニムを着用。そしてハイブランド『PRADA』の大人かわいいモノトーンのバッグを持ち、抜群のスタイルを見せつけながら街を闊歩していた。

「もともとファッション誌『ニコ☆プチ』出身の永野は、幼いころからファッションに触れていたため、センスも人一倍に磨き抜かれています。インスタグラムにもたびたび私服の写真を投稿している彼女は、奇抜な服からシンプルな物まで幅広くコーディネート。また『PRADA』は自身が広告塔を務めているせいか、バッグなどを使用することが多く、プライベートでも欠かさず持ち歩いているようです。さすが天性のファッションセンスを持つ永野。激写された写真すらもモデルのように輝いていました」(芸能ライター)

永野芽郁の私服はレベル100の野比のび太?

永野の私服姿は多くの反響を呼ぶことに。特にイエローのトップスとブルーのデニム、さらに黒縁メガネというコーディネートが〝ある国民的アニメ〟のキャラクターに似ていたようで、ネット上では、

《のび太っぽい》
《美人なのは大前提として、私服がダサいとか余計にかわいい》
《かわいいけどダサい、最強すぎるでしょ!》
《永野さんの本当の性格なんて知らないけど、こういう派手さのない感じはマジで好感度高い》
《敢えてわざと外すってやつだろ? ハイセンスなスタイル》
《私服がダサいのはむしろポイント高い。あとこういう恰好が一番ほっとするしかわいい。気を抜いた感こそが至高》

などの大反響が巻き起こっている。

芸能人の私服には賛否が起こることが多いが、シンプルなのび太コーデは一般人ウケ抜群のようだ。

【あわせて読みたい】