加藤浩次『スッキリ』でのセクハラ発言が物議!「自覚ないのが問題」

加藤浩次 

加藤浩次 (C)まいじつ 

11月22日に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)で、MC・加藤浩次の〝セクハラ発言〟が話題を呼ぶことに。同局の岩田絵里奈アナウンサーに対する発言が、ネット上で物議を醸している。

同日の番組で放送された『クイズッス』のコーナーに、お笑いコンビ『千鳥』がVTR出演。岩田アナと共演経験のある大悟が、食事会が実現できていないことに言及する。一方でノブは岩田アナへ「大悟に関わっちゃダメ」と忠告をし、その言葉に大悟は「大丈夫やろ」と笑って流していた。

すると加藤は「路チューしろ!」「大悟と岩田、路チューしろ!」と茶化し、岩田アナも思わず「なんだと思ってるんですか!」と声を荒らげる。しかし加藤はニヤけながら「撮られてほしいわ、大悟との路チュー」と口を閉じず、さらに「ほっぺでいいからやってくんねえかな」と要求までするのだった。

セクハラに敏感な時代のせいか?

加藤の「路チュー」を強要するような発言に、視聴者たちもドン引き。岩田アナの指摘を無視して話を続ける加藤に対し、ネット上では、

《加藤浩次、その発言はセクハラだぞ》
《朝の番組であんなに堂々とパワハラ、セクハラが放送されるんだね。アナウンサーが抗議して、加藤さんが謝罪するところまでやれば、まだ良いかもしれないけど》
《自覚ないのが問題。なんでもネタだ、イジリだといえば何もなかったことにされるんだろうね…》
《加藤さん、テレビで堂々とセクハラか? そもそもジョークになってないだろ。しかも面白くない》
《加藤さんが直接アナウンサーに言うのは、限度超えたエロと変わらない》

などの批判が続出している。

一方で加藤の発言を〝冗談〟や〝ただの茶番〟と捉える人も多く、

《番組見てたけど、そんなに不快には感じなかったよ?》
《あの流れでセクハラだ、加藤が悪いって言われたら不憫すぎるわ》

といった援護の声もあがっていた。

「おそらく加藤の発言は、岩田アナへのセクハラ目的ではなく、日ごろの素行が悪い大悟への遠回しの嫌味だと思われます。とはいえ岩田アナを使ってしまったがために、一部の敏感な人たちの餌食に。あまり女性アナウンサーを使った比喩などは、今の時代にそぐわないのでしょうね」(芸能ライター)

視聴者が過剰に騒ぎすぎている可能性もあるが、自分の発言が世間にどのように伝わるのかは自覚するべきなのかもしれない。

【あわせて読みたい】