田中みな実にドラマファンが大ブーイング!『最愛』で重要人物に…「冷める」

田中みな実 

田中みな実 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

11月19日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第6話が放送された。田中みな実がキーマンとなる展開に、ネット上では大ブーイングが起こっている。

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリーだ。

田中が演じているのは、フリーランスのノンフィクションライター・橘しおり。元大手新聞社の記者であり、記者クラブ賞を受賞したことがあるほどの実力の持ち主で、『真田グループ』の闇を追っている。

第6話では、警察に連行された梨央の弟・優(高橋文哉)が、加瀬の助けもあって不起訴に。昭(酒向芳)の殺害事件には、別の真犯人がいる疑惑が浮上したのだ。梨央は再び優と暮らすことになったのだが、帰宅途中に自宅手前で橘が押しかけてくる。実は橘は15年前に一度梨央と面識があったらしく、「やっと会えましたね。この日を待ってました」と告げるのだった。

「ちょい役でもイラッとするのに」

「いままではただのライターかと思われていた橘が、どうやら15年前に昭の息子・康介(朝井大智)が殺された事件に大きく関係しているようなのです。ここにきて、一気に橘が重要キャラに変貌。後半は橘を中心に物語が動くかもしれません」(芸能ライター)

しかしこれまでの話で、橘を演じている田中の演技は散々視聴者から酷評されている。そのためこの新たな展開には

《えー、みなみまだ出てくるの?》
《だからなんで重要な役を田中みな実に?》
《みなみ演技上手くないから出てくると冷める》
《こんな大事な役をみなみにやらせないで…》
《みなみメインでくいこんでくるんかよ》
《田中みな実とことん絡んでくるのね~ちょい役でもイラッとするのに…》

といった大ブーイングが起こっている。

これから名誉挽回の活躍をみせてほしいが…。

【あわせて読みたい】