明石家さんまを袋叩き! 声優オタクとジャニオタがルール無視のネットいじめ…

明石家さんま 

明石家さんま 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

11月23日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に、ジャニーズイチのイケメンと名高い『Snow Man』佐久間大介と、声優の諸星すみれが出演。双方のオタクが〝お笑いのくだり〟を真に受けてマジギレし、司会の明石家さんまをネット上で叩きまくる暴挙に出た。

「声優SP」と題されたこの日の放送では、諸星は声優として、佐久間はアニメオタク代表としてスタジオに登場。諸星は学生時代、演じたキャラクターの名前がそのままあだ名になっていたという〝声優あるある〟を披露する。しかし、キャラクター名で呼ばれることに抵抗があったそうで、「(そのアニメキャラクターと比べて自分の顔は)見た目も平べったい感じの顔だし…」と、自身には看板が大きく、畏れ多いと感じていたことを回顧。

すると、さんまは「そんなことない…あ、ホンマや!」とノリツッコミし、諸星の自虐ネタに乗っかって笑いを誘った。その後も、キャラクター名で呼ばれることを「申し訳ない」と漏らす諸星に、さんまは「顔が平べったいし?」などと再三イジっていく。

これに対し、周囲からは〝注意〟気味のツッコミが入り、さんまの立場が不利な局面に。しかし、さんまは「本人が言うてんやろ」と反論し、「俺は『(平べったいなんて)そんなことない』って言うてんやけどやな…ホンマや!」などといったノリツッコミを続けた。

すると、佐久間から「良くないなぁ。何を言ってるんですか」との注意が入り、『ハライチ』の岩井勇気も「それがダメです」と指摘。2人が大御所に対してダメ出しをするという光景が繰り広げられた。

声優オタ×『Snow Man』オタ! 厄介者同士が過剰反応

「本人が認めている以上、自虐としてイジって〝調理〟してあげるのがバラエティーの正解であり、さんまの言うことは至極もっとも。部外者で素人な佐久間はまだしも、本業の芸人であり、日頃〝お笑い分かっています〟感を出している岩井が、さんまを批判するなど笑止千万です。百歩譲って率先して注意するならまだしも、物申し辛い大御所に忖度し、他のゲストに乗っかる形なのも最高にダサいですね」(お笑い評論家)

一応、さんまは「本人が言うてんやで。乗っかってやんのが礼儀やろ」とバラエティーの観点から反論したが、諸星ファン・佐久間ファンと思われる一部視聴者が《流石に失礼過ぎる》《老害だ》といったコメントを寄せ、ネット上では彼が袋叩きにされる形となった。しかし一体なぜ、〝お約束〟を説いただけのさんまが悪者にされてしまったのだろうか。

「ジャニーズファンの中で最も狂信的な『Snow Man』オタクと、全ジャンルのオタクの中で最も狂信的な声優オタが合わさってしまったからですよ。声優オタは声優がイジられて怒り心頭ですし、『Snow Man』オタは〝女性の味方をしている佐久間くん優しい〟と過剰に祭り上げる。要は、声のデカい連中の意見が入り乱れ、少数意見なのに〝炎上〟しているように見えてしまったのです。しかし、佐久間は過去に、人の彼女を『襲うまがいのことしちゃった!』と告白するレイプ未遂のLINEが流出しているほどの問題児です」(芸能ライター)

声優オタと「Snow Man」オタが手を組むとは、恐ろしいばかりだ。

【あわせて読みたい】