『有吉の壁』ザコ扱いの四千頭身が覚醒!? 有吉弘行も感嘆「久々に調子いい」

四千頭身 後藤拓実 

四千頭身 後藤拓実 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

11月24日放送の大人気バラエティー『有吉の壁』(日本テレビ系)で、センス派お笑いトリオ『四千頭身』が珍しく輝くシーンがあったと話題になっている。

この日は、『きつねの壁を越えろ! 巨大モールで音ネタ選手権』と題して、お笑いコンビ『きつね』の代名詞でもあるサンプラーを全芸人が持ち、上手くネタに組み込んで有吉弘行を笑わせるという企画が放送された。

初めに『四千頭身』が登場したのは、『さらば青春の光』、『パンサー』の尾形貴弘、とにかく明るい安村との合同コント。「さらば」の2人が講師となり、他の5人に「有吉の壁」のコツを指導。サンプラーから同番組内で有吉が笑っていた音声を流し、有吉を笑わせるという経験を5人に味わわせていた。

このコントに有吉は笑いながらも「×」の判定を下す。そして「さらば」の2人に向かって、「ザコ集めて何してんだ」とツッコミを入れるのだった。

「四千等身がんばってると思う」

こうして、公式でもついに〝ザコ〟扱いを受けた「四千頭身」だが、この回はいつもと違っていた。サンプラーを上手く使った整体師ネタを披露して、まず1つ目の「○」判定をもらうと、2本目には『ピタゴラスイッチ』のパロディーネタを披露。様々な仕掛けを披露するかと思いきや、お馴染みの音楽に合わせて後藤拓実が服を脱いで動くといったネタで、こちらも「○」判定に。有吉が「今日、久々に調子いいね」と褒めると、「四千頭身」は深々と頭を下げて「ありがとうございます!」と喜んでいた。

いつもは「四千頭身」に厳しいネット民も、今回は

《四千等身がんばってると思う》
《いつもの四千頭身らしくないな》
《三頭身今日面白いなw》
《四千なのにそこそこ面白かった》
《まぁいつもよりはだいぶましだと思う》
《一皮剥けた?》

といった温かめのコメントを寄せている。

体を張るようになってから少しずつウケが取れ始めた「四千頭身」。実はセンス派ではなかったのかもしれない。

【あわせて読みたい】