ナダルが女性蔑視発言!『水ダウ』ドッキリで本性が露わに「サイテー」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

11月24日に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が放送。その中で行われた『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルの女性ADへの発言が物議を醸している。

番組では、『落とし穴に落ちたのに一向にネタばらしが来ないまま日が暮れたら正気じゃいられない説』の検証を実施。ドッキリの対象となったナダル、『パンサー』尾形貴弘、チャンス大城、『蛙亭』中野周平、『ニッポンの社長』ケツは、バラエティー史上最も深い3メートル以上ある落とし穴に落下させられる。

突然の事態にメンバーは驚きを見せるが、ロケ車が走り去ってしまい、取り残されたことに不安を覚える。しかし、ナダルだけはドッキリだと確信を持ち、苛立ちを見せた。我慢ができなくなったナダルは、落とし穴の中から「もうええって。むちゃくちゃや。あーもうヤバ蚊…」と不満をぶつけた後、「女性のAD。茶! 茶をくれ!」と叫ぶのだった。

ナダルと『パンサー』尾形で好感度に差がクッキリ

結局、検証では尾形だけが無事、自力での脱出に成功し、その忍耐力で好感度がアップ。一方、尾形とは正反対の姿を見せたナダルについては、

《ナダルの発言は、男尊女卑だしこの人結婚してるよね? 奥さんにもこんなんなのかな?》
《リアルでも文句ばっか言ってて行動しないで女性の行動にケチつけてきそう》
《女性AD! お茶! って時代にあってないわ》
《サイテー。ナダルは女性蔑視やめれ》
《落とし穴ドッキリ倫理的に大丈夫なん? て思ってたけど、ナダルの発言のがやばい》
《女性ADさんかわいそう。ナダルの発言が台本であることを願うわ》

などといった指摘が相次ぐことに。

「ドッキリだと明かされるまで、ナダルは通りかかった老人男性に対しても『何かヒモあります?…おいジジイ!』などとブチ切れ。九死に一生の場で見せた尾形のひたむきな姿勢とは裏腹に、ナダルのクズキャラは通常運転でしたね。今回吐き捨てたセリフは、もしかするとナダルが芸風を貫き通した結果なのかもしれませんが、女性蔑視の表現に厳しい現代で指摘が飛ぶのは仕方ないことでしょう」(エンタメ誌ライター)

日常生活では古風な亭主関白でないことを祈りたい…。

【あわせて読みたい】