ハリポタの“ネタバレ”だらけ!『今くら』に批判「見なければよかった」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

11月24日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)では、世界中で社会現象を巻き起こした人気作品『ハリー・ポッター』シリーズについて特集。しかし多くのネタバレを含む内容だったため、ネット上で怒りの声が続出している。

同日の番組は「映画公開20周年 ハリー・ポッターコラボSP」と題し、アーティストの相川七瀬、『日向坂46』加藤史帆、『Sexy Zone』松島聡、俳優の窪真理チャカローズ、豊田エリーといったハリポタ好き芸能人が集結。まずは作品の概要とストーリーの解説から始まり、続けて「実は人間ドラマが面白い! ハリー・ポッター名シーン」をテーマに作中の名シーンが紹介される。

人物相関図と共にキャラクターの性格や人間関係も深く掘り下げられており、実際に映画のワンシーンも登場。またシリーズ後期で発覚するキャラクター同士の恋愛模様なども明かされ、まさに「ハリー・ポッター」尽くしの濃密な一時間となっていた。

もはや作品を見るまでもない? ネタバレだらけ…

ファン必見の一時間ではあったが、一部の視聴者からは〝ネタバレ〟の多さを指摘する声も。ネット上には、

《いくらなんでも、ハリポタのネタバレしすぎだろ…》
《マジでネタバレだらけだけど大丈夫か?》
《ハリポタ大好きだけど、普通にネタバレしまくるのが嫌で消した》
《めちゃくちゃハリポタのネタバレ食らってる。見なければよかった》
《ハリポタ特集やってたけど「そこまでネタバレOKなったの?」って思うほどにびっくりした。時効的なもんなのか?》

などの反響が続出している。

「今回の番組は『ハリー・ポッター』シリーズを深くまで掘り下げており、映画を観ていないと分からない部分もありました。ただ同作は、最後に公開された映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』ですら約10年前の作品。今さら〝ネタバレ〟というのも無理があるような気がしますね」(芸能ライター)

ちなみに番組の冒頭には、ナレーションで『ちょっとだけネタバレもあるけど、完結から10年経ってるから許してね』というアナウンスもあった。自分が観ていない作品が特集されたからといって、なんでもネタバレだと騒ぎ立てるのはお門違いのような気もするが…。

【あわせて読みたい】