上野樹里が断るのも当たり前?『SUPER RICH』大迷走「イライラする」

江口のりこ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月25日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の第7話が放送された。〝クソドラマ化〟する一方の同作に、「女優に断られてきた理由が分かった」といった声が寄せられている。

主人公は、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)。裕福な家に生まれ、人生で一度もお金に困ったことはない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、利益をより多く出すため、せわしなく働く日々を送っている。そうした中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会うのだった。

第7話では、衛と春野が付き合い始める。さらに春野はプロポーズもして、2人は婚約も果たした。そんな中、なんと会社に裏切者がいたと発覚。会社に恨みを持つ者がしれっと入社し、復讐のタイミングを探っていたのだ。