『櫻坂46』原田葵が女子アナに? アイドル出身アナウンサーが増えるワケ

(C)Billion Photos / Shutterstock

華やかなイメージから、憧れの職業として挙げられることも多いアイドル。しかし、それも過去の話のようだ…。

11月24日にニュースサイト『デイリー新潮』が、『櫻坂46』の原田葵がフジテレビの女子アナに内定したと報道。同サイトによると、原田はテレビ朝日からも女子アナとしてオファーがあったが、フジテレビを選んだという。

原田の女子アナ内定報道に対し、ネット上では、

《アイドルがアナウンサーへの近道になってきたね》
《アイドル→女子アナってコースが完全に定着したな~》
《二世さんがアナウンサーになるパターンが多かったですけど、今はアイドル活動していた人がなるパターンですか》
《アイドル活動をしてたら、芸能慣れしていて即戦力になりやすいだろうね》
《モデル界もアナウンサー界もアイドルに荒らされ放題だな》
《アナウンサーのタレント化がどんどん進んでいくな》

などの反響が見受けられた。たしかに最近は、露骨にアイドル出身の女子アナが増えている印象だ。

アイドルグループは今や女子アナの登竜門?

特に秋元康プロデュースのアイドルグループから女子アナになる人が多く、テレビ朝日の斎藤ちはる、日本テレビの市來玲奈は、元『乃木坂46』のアナウンサー。また、元『SKE48』の柴田阿弥はフリーアナウンサー、元『AKB48』の小林茉里奈は、福岡放送のアナウンサーとして活躍している。

また、女子アナではないが、元『HKT48』の若田部遥は、フジテレビに総合職として勤務し、現在は報道センターに配属されているようだ。やはりテレビ局側からしても、芸能活動の経験がある女性の方が使いやすいといった事情があるのかもしれない。

「一昔前は、女子アナになる近道といえば有名大学のミスコンで入賞することでした。しかし時代の流れでミスコンが次々と廃止されたこともあり、今やテレビ局の中では芸能活動の有無などが女子アナ内定の選定基準になっているようです。アイドル出身の女子アナたちには、声が聞き取りにくいなどと苦言が寄せられることも。グループからの卒業も発表していない原田が本当にアナウンサーになるか不明ですが、しっかりとトレーニングを積んでからなってほしいものですね」(芸能ライター)

色眼鏡で見られやすいアイドル出身の女子アナ。今後は女子アナ総選挙なるものも生まれるかもしれない。

【あわせて読みたい】