『M−1』審査員は変更ナシ! 上沼恵美子“続投”に歓喜の声「最良のメンバー」

上沼恵美子 

上沼恵美子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

今年も開催される『M−1グランプリ2021』の審査員が、11月25日に発表された。昨年と同じ顔ぶれの審査員が揃っており、ネット上では安堵の声が広がっている。

芸人にとって〝ジャパニーズドリーム〟とも言われている「M−1グランプリ」。毎年夏ごろから予選が始まり、1~3回戦、準々決勝、準決勝、敗者復活戦、決勝を経て〝王者〟が決まる、年末の特大コンテンツとして老若男女から愛されている番組だ。

今年の決勝戦は12月19日に放送が予定されており、審査員の面々が発表された。審査員には『ダウンタウン』松本人志、オール巨人、上沼恵美子、立川志らく、『中川家』中川礼二、『ナイツ』塙宣之、『サンドウィッチマン』富澤たけしが選出されており、安定の審査員が今年も芸人たちをジャッジする。また、番組MCは今田耕司と上戸彩が務めることも発表されている。

昨年と変わらぬ『M-1』審査員に温かい声!

松本やオール巨人、上沼など、お馴染みのメンバーの審査員続投にネット上では、

《皆さん続投するんですね! 良かったー!》
《審査員は今考えられる最良のメンバーだと思っています。誰も欠けずにいてくれて本当に良かった!》
《妥協を許さない巨人師匠に、時折優しさが見える上沼さん、総合的に盛り上げてくれる松本さん。他の4名も現場に近い人たちですので納得です!》
《審査員問題で騒がれるより、芸人さんのネタで盛り上がることがベストだもんね!》
《審査員はどうしても憎まれ役で、それをやるのは精神的負担も相当あると思う。それでも引き受けてくださっている7名には感謝しかない!》
《いろいろ言われてるけど、視聴者の感覚を外さない審査員を揃えるのは難しいと思うし、このメンバーがベストだと思います! 今年の放送も楽しみだー!》

といった歓喜の声が続出している。

「視聴者がここまで審査員の続投を喜んでいるのは、上沼の〝ある発言〟が記憶に新しいからでしょう。上沼は今年1月に自身がMCを務める『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ)にて、『M−1』についての本音を吐露。『M−1の審査員というのはやりたくないんです!』『私はお笑いなんて5年くらいしかやってないんでね』と前置きし、何を言っても叩かれてしまうネット社会について言及しています。審査員の一掃を提案するほどでしたが、今年も変わらず審査員を務めることが決まり、視聴者も一安心しているようですね」(芸能ライター)

令和の時代になっても〝男性社会〟という認識が強いお笑い界では、たびたびジェンダーイコーリティーが囁かれており、今年10月に行われた『キングオブコント2021』(TBS系)では、刷新された審査員が全員男性で、炎上騒動に発展していた。その点、同番組での上沼の存在は、男女格差の面から見ても貴重と言えるだろう。

年末の名物企画になった「M−1」を今年も心待ちにしていよう。

【あわせて読みたい】