大麻使用の元力士が“貴乃花部屋”の実態を暴露も…「見苦しさしかない」

(C)Zaretska Olga / Shutterstock

元大相撲力士・貴闘力が11月27日、自身のYouTubeチャンネル『貴闘力部屋』を更新。大麻使用で日本相撲協会から懲戒解雇処分を受けた元幕内・貴源治が出演し、現役時代に所属していた貴乃花部屋の実態を暴露して物議を醸している。

元貴源治は現役時代、おかみの景子さんから渡されていた部屋のちゃんこ代が3日間で5000円だったことを暴露。「1日2000円か、そのくらい。兄弟子が貴乃花親方に『これだけだと力士が強くなれないので増やしてもらえませんか』って頼んだ時は一時増えましたけど」「20人近く居たので、1人あたりご飯代はだいたい250円でしたね。業務用スーパーではもやしを何キロって買うんですよ」と当時を振り返った。

そして、「こんなんじゃ強くなれねぇから外に飯に行くぞ」と兄弟子に言われ、何回か外食に連れていってもらったことを明かした。

元貴源治が明かしたシビアな生活に、視聴者からは

《毎日もやしって悲惨だな。景子さんってそんなにセコかったのか》
《貴乃花ファミリーがここまでバラバラになったのはやはり、貴乃花親方と景子さんの相撲部屋運営がうまく行ってなかったことがとても大きいと思いました。貴源治さん、新たなチャレンジ頑張ってください!》
《ちゃんこ銭少ないですね。貴乃花の部屋は栄養のある物をお腹一杯食べてるイメージだったけど、全然違ったんだなぁ》
《弟子の食費、一日250円って! 景子おかみは自分の美にいくらつぎ込んでいたのやら…?》

などと、驚きの声があがっている。

元貴源治の“暴露話”に厳しい声

しかし一方で、元貴源治は今年7月に大麻使用で、相撲協会から賞罰規定で最も重い〝解雇処分〟を受けていることから、ネット上では

《それで強くなれずに終わったならともかく、幕内にまでさせてもらって言うことかね。問題行動も含めてやはり自分本位が過ぎる人間だと思う》
《散々問題おこしといて見苦しいですね。いろいろ問題や不満があったなら、現役時に協会に相談すればよかったのでは?》
《体を大きくする事も大事…。米は後援会から寄付されるから食べ放題のハズだけどね。ただ大麻吸っても強くはなれませんよ》
《部屋ももう無いのに今更こんなことをやるのは見苦しいことでしかない。ましてや力士を全うした人でなく犯罪行為で辞めて迷惑をかけた人間がやることではない》

などと、厳しい声も相次いでいる。

元貴源治の大麻使用は言語道断だが、一方の貴闘力も2010年6月に野球賭博が発覚し、相撲協会を解雇されている。

どうやら相撲ファンにとってみれば、貴乃花部屋の暴露話は、YouTubeチャンネルの再生回数稼ぎにしか映らなかったようだ。

【あわせて読みたい】