鬼束ちひろの“メンタル不調”再発? 薬物検査で蒸し返される過去のトラブル…

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

歌手の鬼束ちひろが11月28日、東京都渋谷区の路上で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで現行犯逮捕された事件が、さらなる波紋を広げている。

警視庁は鬼束容疑者に対し〝薬物検査〟を行うと説明し、28日午後11時前に彼女を乗せた車が、渋谷署を出て病院に向かった。今後は留置施設がある東京湾岸署に移送される見込みだという。

器物損壊の疑いから、まさかの〝薬物検査〟に発展したことで、ネット上では

《いろいろ問題ある人だったが、最終的にはこうなるのね。当時は良い曲を聴かせてもらったが、複雑な思いです》
《救急車を蹴って逮捕されたのに薬物検査だと? いろいろヤバイな》
《異常な言動で薬物の噂が絶えない人ですが、逮捕後の薬物検査ではっきりするかも知れませんね。なにもなければいいですが…》
《ストーカー被害にあったり、彼氏からDV被害にあったあたりから、もう見た目からヤバくなってたからね。過去のトラウマで、もはや感情をコントロールできなくなってるのかもしれない》
《ちょっと腹立って蹴ったレベルじゃなさそうだね。普通そう簡単に救急車凹まないでしょ。相当思い切りやったんだろうね。いろいろ闇を抱えているんだろうな…》

などと、さまざまな声があがっている。

鬼束ちひろはもともと情緒不安定だった?

「鬼束は2010年10月、元交際相手に顔を殴られ全治1カ月の重傷を負った過去があり、その時は左眉毛部挫傷、左眼窩底骨折、左肋骨骨折、右結膜下出血とかなりの重症を負っています。さらに18年9月には、自身のインスタグラムに《もうなんにもかくしません あたしの旦那は鬼スタフです。毎日あざだらけなのはそれなりのあざです》(原文ママ)と投稿。夫が事務所のスタッフで、暴力を振るわれていたことを明かし、ファンを驚かせました。また、一時は奇抜なメークをしていたこともあり、ファンの間では『精神的不安を抱えているのではないか』といった声も。救急車を蹴って逮捕というのは聞いたことがありませんが、薬物検査をされたということは、よほど取り乱した状態だったのでしょう」(芸能記者)

自伝的エッセイでは、過去にマネージャーの車のフロントガラスを素足で蹴破ったことをつづっていた鬼束。もともとかなり喜怒哀楽が激しいタイプと言われていただけに、今回の逮捕に納得の声もあがってしまったようだ…。

【あわせて読みたい】