『チコちゃん』が叱られた! 視聴者が番組方針に激怒「腑に落ちない」

(C)Dean Drobot / Shutterstock

俳優の舘ひろしが、11月26日放送の『チコちゃんに叱られる!』(NHK)に出演。正解だと思しき解答を〝不正解〟にされ、ネット上には番組を糾弾する声が続出している。

舘は「宇宙ステーションで体が浮くのはなぜ?」という質問に、「地球の引力と回っている遠心力でちょうど…」と解答。しかし、チコちゃんから「遠心力じゃないんですよ」と間違いを指摘された。

この質問の正解は、「落ち続けているから」というもの。日本科学未来館の科学コミュニケーション専門主任・松岡均氏によると、宇宙ステーションが浮かんでいる地上約400kmは重力が約10%減少するだけで、地球とほぼ変わらないという。宇宙ステーションは1秒間に5m落下しながら横に8km進むので、地球との距離は変わらず、常に遊園地のフリーフォール状態だと説明した。

舘の解答が不正解にされたことに視聴者は、

《チコちゃん、ひどい。宇宙ステーション内で無重量状態になる理由を「落ち続けているから」とするのはよいが、舘の「重力と遠心力がつりあうから」を不正解にするのはおかしい》
《正解は「ステーションと一緒に落ちているから」だそうだが、確かにその通り。しかし、引力と遠心力が釣り合ってるからという言い方でもよいわけで、この番組、こういう「落ちているから」みたいに専門用語を使わない平易な説明のみを正解とする傾向があるよな》
《一時期見てたけどあまりにも「諸説あります」が多すぎて見なくなった。その諸説の中に出演者の解答は入ってないのかと》
《舘ひろしは間違ってはいないのに、番組で用意した解答しか正解と見なされないものだから、ボーッと生きてることにされてる。実に有害な番組》

などと紛糾している。

『チコちゃんに叱られる!』にゲストの“正答”は通用しない?

「今年7月には『円周率がずっと続くのはなぜ?』という質問にチコちゃんは、『円の長さを正確に測るのは本当に無理だから』と解答。ネット上では《決定的な誤りがある》と、逆にチコちゃんが叱られる事態になりました。今回の舘の解答は決して間違いではありませんが、番組が見せたい内容と齟齬があるために、不正解にされてしまったようです。そもそも正解したら『つまんねー奴だな』と言われるあたり、正解をよしとしない番組方針なのでしょう」(テレビ誌ライター)

番組開始当初はチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねーよ!」という決めゼリフが大ウケし評判となった。しかし最近は、正解に〝諸説あります〟と但し書きがつくケースが多々あり、視聴者から疑問の声があがっていた。

番組趣旨だけを追求していては視聴者からツッコまれるのも当然だろう。

【あわせて読みたい】