藤原紀香の“LINE活用術”にツッコミ「引くわー」「相手の時間奪ってる」

藤原紀香 

藤原紀香 (C)まいじつ

11月26日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、タレントの藤原紀香が出演。自己中心的な行為を明かして、呆れ声があがっている。

番組の中で〝時短〟が好きだと明かした紀香。その流れで、メッセージを打つのより早いうえ、感情が伝わるという理由で、LINEでボイスメッセージを送っていると告白する。

共演者たちがどんな内容なのか興味を持ったところ、紀香のマネージャーが自身に送られてきたボイスメッセージを再生することに。するとそこには「おっつー! おっつー! おっつー! お疲れ! お疲れ!」というハイテンションな挨拶から始まり、母親が贈り物をマネージャーに送ったことと、明日の現場入りの時間について尋ねる紀香の声が入っていた。

ただこの内容、あまり簡潔ではないうえ、プライベートの内容と仕事の内容が一緒に録音されてしまっているという、なかなかややこしいもの。共演者は素の紀香のトーンに爆笑しながらも、仕事のことはちゃんと文字で残してほしいと指摘。マネージャーも、ボイスメッセージには途中から再生するという機能がないため、聞き逃したりするといちいち最初から聞かなければならないという手間を嘆いていた。

ノリノリ紀香に「相手の時間を奪っていますよ」

それでも「感情が伝わる」と自信満々の紀香だったが、自身はボイスメッセージが送られてきても聞かないことがあるとも明かしている。

ネット上では紀香のボイスメッセージのテンションに

《藤原紀香さんボイスメッセージかわいい》
《のりか様のボイスメッセージくそおもろくてお腹いたwww》
《藤原紀香のボイスメッセージw 余計に親近感湧いたw》

など好意的な反応が。しかし一方で、

《藤原紀香はLINEのボイスメッセージを使うことで打つ時間を節約できるって言ってるけど、聞く側の時間を奪っていることは気にならないのかな?》
《うわぁー。ボイスメッセージ使いまくるやつ引くわー。受け手のこと何にも考えてないよな》
《ボイスメッセージって自分は時短になるけど相手の時間はちょっと奪ってない…?》
《のりかさん、ボイスメッセージは相手の時間を奪っていますよ》

など、相手のことを考えてない自己中な行為だと批判の声もあがっている。

もしマネージャーがミスをしても、紀香は責められないだろう。

【あわせて読みたい】