またBL作品…LGBTQを“流行り扱い”する日本エンタメに呆れ「流れが酷い」

赤楚衛二 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

まるで〝流行〟のごとく日本のエンターテインメントで、おもちゃ扱いされているLGBTQ。またも彼ら彼女らを扱う作品の制作が発表された。

それは、映画『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』。同名の原作漫画の人気を受け、2020年秋にテレビ東京系で実写ドラマ化された。そしてこのたび、映画が制作されることに。メインキャストは赤楚衛二と町田啓太の2人だ。