『M-1』ラランドの“スベりすぎ漫才”が話題「落ちてもしょうがない」

(C)alphaspirit.it / Shutterstock

男女お笑いコンビ『ラランド』が、今年の『M-1グランプリ』で準々決勝敗退となった。大会公式YouTubeチャンネルにはネタの動画が上がっているのだが、これが「スベリすぎ」だと密かに話題となっている。

2人は花柄のシャツに紫のセットアップというお揃いの衣装で登場。しかし、ツッコミのニシダはジャケットを着ておらず、登場からツッコミどころを残している。直後のつかみではボケのサーヤが四股を踏むのだが、ニシダの「横綱か、お前」というツッコミは不発で観客は沈黙。いきなりスベり、不吉な予感を漂わせると、その後もそれをズルズルと引きずってしまうのだった。