張本勲の“卒業”に『サンモニ』視聴者歓喜!?「当然かと」「年齢的にも…」

(C)Ariwasabi / Shutterstock

11月28日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)にて、番組レギュラーで野球評論家の張本勲氏が年内で降板すると発表された。過去に幾度となく炎上騒動を巻き起こしていたこともあり、視聴者から「やっと降板か」などと喜びの声があがっているようだ。

張本氏の卒業が発表されたのは、スポーツコーナーが終わったタイミング。司会の関口宏から「今日は最後に張本さんからテレビをご覧の皆さんにお話がございます」と振られ、張本氏は食い気味で「ええ、私の都合でね、シニア人生、ゆっくり過ごしたいんですよ」とコメントした。

続けて「したがってね、この番組のレギュラーを今年いっぱいで卒業します」と、番組から降板することを明かしたが、どうやら完全に引退するという訳ではなく、来年以降は節目にゲストとして出演するのだという。

卒業する張本氏を惜しむ声も…『サンモニ』が時代に合わないのか

張本氏の卒業発表に、ネット上では、

《年齢的にも潮時》
《当然かと。大谷翔平に対する批評は本当に酷いものでした》
《張本氏は見ていて痛々しいかぎりで、引退して正解》
《もっと早く番組側が判断していたら、ここまでイメージが悪くならず「勇退」という形の花道も用意出来たのに本当に残念》
《暴言はあったけど、存在感もありました。お疲れ様でした。個人的には、ハリー以前に司会者、もっと言えば番組そのものを先になんとかすべきだと思う》

などと惜しみながらも、卒業は賢明な判断だというような声が見受けられた。

8月に女子ボクシングを巡る女性差別を彷彿とさせる発言でバッシングを受けていたこともあり、張本氏も自身が時代に合わなくなったと感じるようになったのだろうか…。

番組内で張本氏の卒業が発表されると、ゲストとして出演していた野球評論家の中畑清氏が「代打、中畑いきますか?」とコメント。すると、張本氏は「どうでしょう関さんに聞いてみないと、それは」と関口に忖度するような発言を繰り出していた。

この一連のやり取りに違和感を抱いた人も多いようで、

《この番組の出演者は関口に忖度しなければならないんだと分かった》
《まるで全権者みたい。関口はTBSの功労者だから本人が辞めるって言うまでやるのかな》
《すごく違和感…。プロデューサーじゃなくて関口にお伺いを立てないといけないのか》

といったツッコミも見受けられた。

張本氏というよりも、番組そのものに「時代にそぐわなくなっている」といった声も多い「サンモニ」。レギュラーを1人降板させるのならばいっそ、番組を一新したほうがいいと思うのだが…。TBSも局の功労者である関口に何も言えない状況なのだろうか。

【あわせて読みたい】