マツコ・デラックスが“ガチ喧嘩”を美談に!?「ダメだよ」「危ない」

マツコ・デラックス 

マツコ・デラックス 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

11月29日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスがケンカを肯定するともとれる発言をしたところ「全然いい話じゃない」などと異論が噴出している。

スタッフが、街ゆく人の未解決案件を解決しようと街頭インタビューした。スタッフが男性の眼鏡がゆがんでいるのを見て「メガネ、どうしちゃったんですか?」と問うと「ケンカしまして…殴られたときに」と返答。「直さないんですか」と聞いたが、男性は「直さないんじゃなくて、直せないんですね。お金がなくて」と漏らした。

男性はかけているメガネが予備のものだとし、メガネケースからもう一本のメガネを取り出した。だがこちらのメガネもフレームが取れており使えず。ナレーターは「メガネ問題を解決するより、友人関係を解決したほうがいい」とイジった。

男性はメガネ店を訪れ修理したが、どちらも修理できず。やむなく店の男性がテープで留め、現状維持することとなった。

スタジオで、マツコは「2回殴られてメガネ壊す人、いないよ?」と驚いたが、スタッフはこの男性が芸人で、相方とネタ作りの際にケンカに発展した末に殴られ、メガネが2本とも壊されたと明かす。

芸人が相方に殴られた話を「いい話ね」

するとマツコは態度を一変。「ちょっといい話ね」とつぶやくと『関ジャニ∞』の村上信五も「なあ?」と同調した。マツコは「じゃあ直さない方がいいわ。(逆に)ステキ」と評価。村上も「エピソードになるからね」と合いの手を入れた。

ただ、視聴者はマツコの言い分に反発。苦楽をともにする相方だからといって、殴られた話を美談にするのはよくないと説いている。

《全然いい話じゃないよ。殴ってメガネを壊す相方なんてダメだよ。解散しなよ》
《殴り合いのとき、メガネの上から殴る…? ガラスレンズなら割れそうで危ないと思うし、プラスチックレンズでもちょっと…》
《相方に弁償してもらえよ》
《芸人だからいいって…ダメやろ》
《2回同じ人に殴られてメガネ壊された人、知っています…》
《メガネがぶっ壊れるほど殴ってくる(そんで弁償もしてくれへん)奴はそもそも「友達」じゃないと思うけどな》

まさに親しき仲にも礼儀ありということか…。

【あわせて読みたい】