BTSファンも追悼…『ルイ・ヴィトン』デザイナー急逝に世界中から悲しみの声

ヴァージル・アブロー (C)Ovidiu Hrubaru / Shutterstock 

ファッションブランド『OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH』の創立者であるヴァージル・アブロー氏が、癌のため41歳という若さで急逝したことが明らかに。世界的デザイナーだっただけに、さまざまな業界の著名人から追悼のメッセージが寄せられている。

自身のブランド「OFF-WHITE」だけでなく、世界的なブランド『ルイ・ヴィトン』のデザイナーとしても活躍していたヴァージル氏。2017年ごろに巻き起こったスニーカーブームの火付け役としても有名で、18年にはアフリカ系アメリカ人として、初めて「ヴィトン」のメンズアーティスティック・ディレクターに就任したことでも話題を呼んでいた。

そんなファッション界の革命児として名を揚げた彼は、ここ数年にわたって癌と戦っていたという。11月28日に「ヴィトン」の親会社『LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン』が、テキサス州の病院で亡くなったことを発表した。彼の急逝にスポーツブランド『NIKE』や、イギリス出身のデザイナーであるキム・ジョーンズ、ミュージシャンのファレル・ウィリアムス、ドレイク、フランク・オーシャンなどが、SNS上に彼への愛を綴ったメッセージを投稿している。