武井壮が“東京五輪・金メダリスト”に苦言も…「それは酷だろ」

武井壮 

武井壮 (C)まいじつ 

その発言が頻繁に賛否を呼ぶタレント・武井壮が、またも人々の賛否両論を集めている。

武井は11月28日放送の『マルコポロリ!』(関西テレビ)に出演。日本フェンシング協会の会長を務める立場として、東京五輪後に金メダリストへダメ出ししたことを明かした。

武井はフェンシング個人戦がメダルなしに終わった直後、緊急ミーティングで選手に「人生を変えようよ。個人戦はダメだったけど、まだチャンスがある。日本のお家芸は団体だから」と激励したことを告白。「もしメダルを獲ったら、僕が出られる番組は全部突っ込むよ。絶対に有名にするから、絶対にメダルを獲って帰ってきてください」とTV出演も確約し、選手たちを鼓舞したという。

こうした影響もあってか、男子エペ団体は初となる金メダルを獲得し、選手は各TV番組にも出演することに。しかし、武井は当時について「金メダルを獲った後、そこそこいい番組に呼ばれるじゃないですか。で、朝から楽しみにニュースとか見てたけど、山も谷もない平べったいトークするんですよ。『フェンシングは競技人口少ないけど、僕らは誇りを持ってプレーしてます』みたいな。オイオイって。全国の、ゴールデンの放送だぞって」と、選手たちのトークスキルに苦言を呈した。

「そこまで求めるのは酷」「そういう視点は大事」と賛否

よほど失望したのか、武井は「すぐに理事に連絡してミーティング」と明かし、選手へ「全国の電波に乗ってるんだぞ。エンターテイメントしなさいよ!」と忠告したと告白。会長としてメダル獲得を喜ぶ一方、タレントとしてトークにはダメ出ししたと明かし、スタジオの笑いを誘ったのだった。

しかしこのエピソードに対し、ネット上には

《十種競技で日本記録とった当時の滑りまくってた武井よりずっとマシだけどな》
《上手くやってやろう感を出して、アスリートさえバラエティータレント化されても》
《選手にそこまで求めるのは酷やないかと思うなー》
《選手達がいきなり脚光を浴びて、TVでトークが上手く喋れないのも分かる》
《フェンシング一筋にやってきた選手にいきなり芸能人みたいに振舞えというのは酷だろう》

など、選手をねぎらうべき、タレントじゃないから仕方ないといった批判が噴出。だが一方では

《ラグビー代表の方々は随分盛り上げてくれたもんですね あれよあれよで人気者。CMとったりバラエティーに出たりしてた 少しは自分も売り込んでいこうぜって事なんでしょう》
《こういう立ち回りができる競技役員も必要かもね。スポンサー集めなど金策も必要》
《フェンシングの競技歴のない人や興味のない人を呼び込むには必要なことだと思う》
《そういう視点は大事》

との擁護も多く、またも賛否を呼ぶこととなった。

閉幕数カ月後まで議論を呼ぶとは、さすが呪われたオリンピックだ。

【あわせて読みたい】